FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2020/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

いつでも 逃げておいでね

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

孫の躾について
前から思っていた事
最近 思った事があった。

以前、お嫁さんであるM子さんの
子ども達に対する躾は、
厳しすぎるのではないかと思っていた。

Rちゃんが2歳の頃だと思うが
その頃 M子さんの躾は
食卓で 普通に食事中にこぼす事には
お咎め無しだが
遊んだり 立ったりしてこぼした時は
叱られていた。

ある日 Rちゃんが食事中
立って 牛乳をこぼした。
とっさに、
「ごめんなちゃい。ごめんなちゃい。」
幼い言葉で謝っていた。

こぼしたくらいで
こんなに謝るのは可哀そうと
思ったおばあちゃん。

また、ある日
息子とKちゃんが我が家に来た。
やはり2歳頃だと思う。

氷を取りにキッチンへ来ようとしたKちゃんが
コップのお水をこぼした。
その場に しゃがみこんで
身動きしないKちゃん(>_<)

「あらら~こぼれちゃったね」と
雑巾で拭く間も 身動きしない。

いつもこぼすと叱られてるのだなと思った。
こんな状態では、萎縮してしまうのでは
無いだろうか(>_<) 心配でもあった。

あれから3年ほど経ったが、
萎縮もしてない
明るい元気いっぱいの孫たち。

この前の お正月ランチでも
食事が終わるまで
ちゃんと座って 食べ終えた。

もう小学生と5歳だから
当然だろう。

そして、自分の使った食器を
キッチンに下げた。

この前、我が家に来たKちゃんが
私の食器も下げてくれた話をすると、
「成長したんだね(*^。^*)」

最近は、おしゃべりして遅くなる事が有るので
自分が使った食器は自分で下げる。
最後になった人が、
共通な物(お醤油差しやお箸立て)を片づけて
テーブルを綺麗にする。
そのような約束であると言う。

それで、あの日の事に納得がいった。

M子さんは、決して厳しいお母さんではない。
子どもと一緒に ゲームに興じて、
騒いでいる、お母さんである。

その他の時に、十分な
愛情を注いで居れば、
小さい頃から年齢に応じた躾は
厳しすぎるほどで良いのだと思った。

子どもだった息子達には
きちんとした躾けが出来たかどうか
疑問に思う事しきりであり,
長男が 靴を脱ぎ捨てると
「〇〇君 お靴が・・」
赤面の至りである おばあちゃんだ(^^ゞ

お正月 息子達一家が
我が家に来て、帰る時

孫二人が 玩具を片づけ始めた。

その時 息子が声をかけた。
「来た時よりも美しく!だよ」

この言葉は、誰の言葉か分からないが
公園に書いてあったり
ボーイスカウトや海洋少年団などで
言われてるようだ。

「綺麗に片付けなさい」と言う命令調や
「綺麗に片付けましょう」のような促進調より
柔らかく、美しい躾け言葉だと思った。

もしかして・・・
息子も このお嫁さんに躾けられたのかも知れない
(∩.∩)にんまり

このように躾けられた孫たちに
おばあちゃんは、安心して 思いっきり
甘やかす事が出来ると安堵している最近。

おばあちゃんは、甘すぎる!と
言われているが、
親の干渉がうるさくなった時
いつでも 逃げておいでね(*^。^*)




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
スポンサーサイト






▽コメント

身につまされる思いで、読ませていただきました。

初孫の5歳の女の子は、結構、母(私の娘)から厳しくしつけられていました。
行儀が悪かったり、食べ物をおもちゃにしたりすると、その場で叱られて、時には涙する場面も見たことがあります。
ただ、今となっては幼稚園でも先生からもおほめの言葉をいただくなど、恥ずかしくない子に育っていると、おじいちゃんの目からは見えます。
お友達にも優しいですし、いつもニコニコしています。

心配なのが、私のブログでときどき出てくる3歳の息子のことです。
最初、手づかみでご飯やおかずを食べていたのでびっくりしたのですが、母親は注意する様子はありません。
仕方なく、孫に直接指摘をするのですが、当初は全く聞き入れてくれませんでした。
いまでは、私の妻も嫁も注意をしますので、孫も、かなり修正されてきました。
言えば、ちゃんとわかるのだと思います。

子供をのびのびと育てたい、との声はよく聞きますが、しつけをしないということとは全く違うと思います。
大人になったときに、その違いははっきりと出てきます。

おはようございます。
躾って難しいですよね。結果が出るのは、ず^と後なので。。。。
私は、どうだったかな?迷う事ばかりでした。

声なき声さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

昔のように、大家族ではなく
核家族になっている現在
躾けをするのは、親だけの責任になって
大変な事だと思います。

その反面 躾が統一されて
やりやすいのではないかとも思います。

「のびのびと育てたい」
自由奔放と 社会のルールに従って
美しく生活する事は、違うものですね。

3歳で、手づかみで食事をしてるからと言って
大人になっても そのままかと言えば
そんな事は無いと思いますが、
「三つ子の魂百までも」ですね(*^。^*)

祖父母は、優しく甘くありたいものですから
声なき声さんの ご心中お察しいたします(^^ゞ

ピーちゃんこ さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

躾の結果は、一生続くものですから、
親の責任は重大ですね。

私も、今になって振り返れば
反省ばかりです(^^ゞ

孫に注意される長男に
ほんと!赤面ですよ(>_<)

食事中も電話がかかってくる息子に
孫は「パパだって ご飯の時に携帯をいじってる」と
言われ、「仕事だし、大人は良いの!」と
大人の必要と 子どもの躾と
それを、子どもに理解させるのも 難しいようです(>_<)

う〜ん。。
何と申しましょうか、、、

言っても言っても、どこ吹く風の団子達でございますよ。
叱られても、叱られても、、耳に穴が開いているのか。。
いつか親が居なくなった頃、思い出すのでしょうかね。

アイハートさん

おはよ~

私は・・こんなに几帳面じゃなかったから
いい加減

けど、息子達は、それなりに
社会で生活してるよ(笑)

どこで習ったか、ちゃんと座って
ご飯食べてるし、
お水もこぼさないし(笑)

私ね、お正月に 息子達が来た時
座ってるのに お茶こぼしたんだよ(^^ゞ
誰も、叱らなかった(笑)

耳の穴から、躾が漏れてるか(笑)
子どもの頃は、元気一杯
社会に出てから、
ちゃんと出来れば良いのだから(^^)v

おはようございます

↑お孫さんも顔の表情がすっごくかわいいね。不安そうな顔なんかはとってもいいです(*^-^*)

しつけはそれぞれの方針があるからなかなか口が出せないけど、おばあちゃんは逃げ道として甘々でもいいよね~子供には愛情を注いでるってことを大きくなった今でもいっぱい言ってます。お嫁さんは厳しくもあって優しくもあって上手に子育てされてますね。将来が楽しみですね(*^-^*)

ツインズママ さん

こんばんは!!
いつもコメントありがとうございます♪

様々な顔をするので、本当に飽きませんね(*^。^*)
毎日でも、行って見たくなります(^^ゞ

それでも、同居していたら、うるさいと思う事も
有ると思いますので、いつでも行ける距離に居るので
幸せなのでしょう。

自由奔放に育てられてたら、
口出しするかも知れませんが、
きちんと、躾をしてるようなので
ただ、甘いだけのおばあちゃんで居られるので
本当に楽です。

昨日も、二人が預けられて居たのですが
ママが送って来ても、振り向きもしないで
喜んで 家に入って来るので、
それは、嬉しい事ですね。
いつまでも、こんな存在で居たいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (289)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (128)
体の事 (22)
食の事 (84)
運動 (2)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (9)
毎日の事 (87)
息子の事 (47)
家族の事 (23)
過去の事 (84)
花 (10)
植物 (6)
孫の事 (34)
ある日の事 (72)
今日の事 (274)
お友達の事 (6)
昨日の事 (112)
最近の事 (154)
今日 昨日の事 (25)
仕事の事 (20)
地元ネタ (18)
家の事 (36)
今日 明日 (1)
玄米菜食 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR