FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2020/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

結婚するってこんな事なんだね。

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

結婚にまつわる思い出を
もう一つ

無事結婚式は 終わったが、
夫の実家のある能登の温泉旅館で
親戚の方を招いてお披露目があった。

6l9zYP.jpg


私の両親と父方のおじいちゃんが
出席してくれた。
その後 5人で能登半島の観光をした。
これは、楽しい旅行であった。

1o098.jpg


小さな駅で、両親達を見送って
私たちは、夫の実家の要望で
1か月ほどの時を 夫の実家で
過ごす事になった。

この時、初めて
私の育てられた環境と
夫の実家の 違いを経験する事になる。

数日後の事
お義母さんから渡されたのは
2枚ほどの数字が書いてある紙

そこには、
夫の実家が 結婚式に使った費用が
事細かく書かれていた。

新潟までの旅費とか
大きな出費だけなら、理解出来ない事も無いが
途中で食べた食費の事など 
ここまで書くか!って言うほどの
細かい出費が、書かれていた(>_<)

「これを請求するつもりはないが
 あなたたちの結婚には こんなに
 お金がかかってる事を、知っておいて欲しい」

私の実家は、私の貯金以外に親が負担してくれた
お金もあったと思うが
そんな事は、一言も言われなかった。

あぁ・・商売をしているお家は
こんなものなのか
実感した時でした。

私たちに頂いたお祝い品は
一旦 親が中身を確認し
それから、私たちの所に渡される。

二人の結婚と言うより
家のお嫁さんになったと言う
思いが強くした出来事

昔の事、夫は長男だから仕方ないか
そんな事も思った。

私は、次女でもあるし
家と言うしがらみに縛られない
自由な家庭に育ったので
大きな違和感を覚えた。

結婚とは、
生活環境の違う人と
共同生活をするのだから
誰しも 多かれ少なかれ
こんな経験はするのだろう。

もっと酷い扱いを受けたお友達も居るので、
今になって思えば、
これくらいの事は、取沙汰するような
出来事ではないが
ちょっと思い出したので書いてみた。



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
スポンサーサイト






▽コメント

途中で食べた食費の額まで記されているなんて、いくら何でも度が過ぎていると思います。
人によって考え方はさまざまではありますが、標準からは激しく逸脱していますね。
息が詰まってしまうのではないでしょうか。

こんばんは。

ヨンヨンさんと私は同じ世代しょうか? 聞いて驚く事ばかりです。
1973年に私は結婚しましたが、 両家とも結婚に関しては口を出さず
全て私達任せでした。因みに夫も長男です。

夫の母と同居でしたが夫は母に「今僕たちは3人で船に乗って居る。
もし遭難したら僕は妻を助けるからお母さんは一人で助かる方法を見つけるように」って言いました。母は「それは当たり前よ」って言いました。

大した家柄でもないサラリーマンの家庭なので自由だったのかもしれません
地域の違いもあるのでしょうね。

声なき声さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

これは、商売をしている家は、
当たり前なのでしょう。仕事の帳簿と同じ。

簿記の基本 出るも入るも正確に記帳する
家計簿もそうですけど(^^ゞ

まぁ、その額を請求されなかっただけ
良かったです(笑)

マロンとカリン さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

同じ世代だと思います。
結婚も、同じ年ですね。

別にこの地方の名士ではないのですが
家の環境や地域の差はあると思います。

私が育った家庭は、自由過ぎたのかも知れませんが
あまりの格差に 驚くばかりでした。

幸いな事に、その後は、同居ではなく
義両親は、能登に 私たちは、そのまま新潟に住んで
居ましたから、あまり口出しされる事も無く
年に数回 良い嫁修行をするだけで 済んでました。

遭難の話、立派なお母さんですね。
けれど、それが、本当の親子関係だと思います。

息子は、結婚したら、その先は、奥さんと
二人で、苦楽を共有していくのが当然ですね。
「冬彦さん」は、卒業しなければなりませんね(^^ゞ
それが出来ないから、嫁姑問題が起きるのだと思いますが。

商売人はそうでなければならないんでしょうね。
大勢の人達の生活がかかっている。。

今のヨンヨンさんが、スタートした日ですね。

知人も、会社の跡取り息子の嫁。
旦那さんは、「社長の嫁にふさわしい人を探した」と言っていました。
で、(いわき)から。。
選んだだけあって、顔、スタイル、頭脳、体力、、、一流!
商人のお嫁さんって、ただ(好き)で選んで居られないんだと。。

アイハート さん

おはよ~。

普通の感覚ではやってられない(^^ゞ

結婚当初 私は普通だと思って
社員にかけた言葉が 違うって(>_<)

段々 その環境にも染まって来たけどね(笑)

お嫁さんは、二人とも
商売とは関係ないお家の人だから
お嫁さんの気持ちも分かるし
これから先 会社をやっていく息子達の
重圧も分かるから、板挟みだわ(>_<)

夫は、お嫁さんが嫌いって事ではないけど
やはり、商売の家から貰わなかったのが
気に入らないんだよ(>_<)

私の役割って大きい?

おはようございます
結婚とは家同士の結婚ですよね。うちの主人の方も昔は商売をしておりお金に関してはとってもしまり屋さんです(''◇'')ゞ結婚式場も初めに決めた方は高いというので、勝手に変更されました。事後報告でした。私はいまだに根に持っています。でも結婚するにあたりこの家をたててくれたのは感謝しています。自分たちは小さい古いうちに住んでいるのに、長男である主人のために建ててくれたのです。同居じゃないのでなんとかやってます。
今の結婚は家族同士というよりも本人同士という感じがしますが、お嫁さん家族とはいかがですか?

ツインズママ さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

式場は、 私たちが決めた所で 
何も文句は言われませんでした。

事後報告は、困ったものですね。
>私はいまだに根に持っています
当然ですよ。

お金は出すけど、文句言うな!って感じですね。
最近の夫も これに近い感覚ですよ(>_<)

私たちも同居してないので その後の問題は
起こっていませんが、
もう、亡くなりましたが 義姉が、良くも悪くも
親以上に幅をきかせていました(^^ゞ

お嫁さん家とは、それなり・・
付かず離れずです。
特別 仲良くもしていませんが
Yさんは、お父さんが亡くなっていて
お母さんだけなので 少しだけ近しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (287)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (125)
体の事 (19)
食の事 (84)
運動 (2)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (9)
毎日の事 (87)
息子の事 (47)
家族の事 (23)
過去の事 (83)
花 (10)
植物 (6)
孫の事 (34)
ある日の事 (71)
今日の事 (266)
お友達の事 (6)
昨日の事 (110)
最近の事 (138)
今日 昨日の事 (23)
仕事の事 (20)
地元ネタ (17)
家の事 (36)
今日 明日 (1)
玄米菜食 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR