FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2021/01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

43年前のこの日

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日 今日と
秋晴れの良いお天気が続いている。
高い空には、どこへ行くのか
高く 高く 飛行機が飛んでいる。
のんびり 幸せな気分に浸れる。
43年前も こんなお天気だったのだろうか。

43年前の今日11月15日
新潟の海岸から 横田めぐみさんが
北朝鮮に拉致された。

毎年この日 
新潟では「忘れるな拉致 県民集会」が開かれている。
今年も 例年通り 開催される。
コロナ禍で 会場は入場制限があるが
地元新聞のHPで生中継される。

北朝鮮は、事前調査で めぐみさんを狙ったのか
偶然通りかかったので 拉致したのか
真相は全く分からない。

拉致現場は、時折通る事が有るが
神社の森と 海岸の防風林に囲まれて
うっそうとした林が続く道

050312a1.jpg

近くに住宅が有るものの 街灯も少なく
11月の中旬の夕方6時過ぎは暗く 
拉致にはもってこいの時間帯であったと思う。

めぐみさんのお母さんは
「新潟の海は嫌い」と言われるが
この日の海は どんな様子だったのか
分からないが、日によっては
このように波が立ち 雲が低く立ち込める事も有る。

061210a1_2020111518021564b.jpg


警察犬が ある四つ角に来ると
めぐみさんの匂いを追えなくなると言うから
ここで 拉致された事は明白である。

私たち県民は、新聞でも テレビでも
この問題は 取り上げられることが多いし
過去には、街の中心部で 署名活動をする
横田さんご夫婦も見かけているし、
現場を通りかかる事もあるので 感心は 高い。
しかし全国規模では、どれくらいの
関心事なのかは まったく分からない。

ましてや、一国民である私たちが
政府に働きかける手段は
署名活動しかないので、じくじたる思いがある。

同じ拉致被害者 蓮池薫さん達が
飛行機のタラップを降りて来られた映像を
鮮明に覚えて居る。
あの時と同じ情景が 現実のものとなる事を
今日もまた願って居る。

他人である私たちでもそう願うのだから
母親である横田早紀江さんは、
その何百倍 何千倍 数えきれないほどの願いであるでしょう。

その願いが叶う手立てはないのでしょうか。




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
スポンサーサイト






▽コメント

小泉元首相が訪朝して「拉致事件」が国民的な世論となりました。
それまでは、メディアにしても一部の国会議員にしても、「北朝鮮による拉致はでっち上げ」との主張を一貫して続けておりました。
その訪朝でもって、間違いなく北朝鮮が日本人を拉致したことが事実だと判明したのです。
いっときは大騒ぎになって、「拉致被害者を返せ」の声が国民的に高まったのですが、それはそれだけのことで、それ以降、北朝鮮は全く何の反応も示しておりません。
日が経つとともに、徐々に拉致問題をめぐっての報道も少なくなり、人々の話題に出てくることもめっきりと少なくなりました。
恥ずかしながら、私自身もヨンヨンさんの書かれた記事を読ませてもらって、11月15日に横田めぐみさん拉致事件があったことを思い出したほどです。
 
43年の歳月はあまりに長く、お父さんは思いを叶えることなく天に召されていきました。
残されたお母さんは、亡父の死を悼む間もなく、めぐみさんの救援への思いを新たにされたに違いありません。
地元のかたにとっては、事件が身近な地域で起こった事件だけに、より身につまされるものがあろうと思います。
それにしても北朝鮮という国の非道ぶりには、今さらながら憤慨の言葉しかありません。
軍事独裁国家ゆえ、何をするか予測のつかない恐怖に満ちた北朝鮮相手には、国際慣行での交渉は通用しないでしょう。
あの国の中で革命が起こって為政者が変わらないことには、解決への道筋は見えてこないと思います。

声なき声 さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

北朝鮮の工作員が拉致の事実を漏らしてから
小泉元首相が訪朝するまで かなりの時がありましたが、
その間 当初から捜査をしていた新潟県警では
その事実を突き止めようとの動きが有りました。
拉致と言う事への考えに至らなかった県警の威信にかけての
捜査が始まっていたようです。
北朝鮮は 見えはしませんが 新潟海岸から海を越えて
真向いに位置するので 
拉致するのに便利な場所でありますから
そのような事が起こっても不思議ではないと思えていた様です。

蓮池薫さんは、県内の小中学校高校と巡って
拉致の事実を語って居られます。
その都度 地元新聞 テレビ局の報道がありますから
地元では この問題が風化する事は無いようです。

しかし、相手が普通の外交では何とも出来ない国ですから
解決への道は 困難を極めることでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (305)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (137)
体の事 (24)
食の事 (88)
運動 (5)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (9)
毎日の事 (87)
息子の事 (47)
家族の事 (25)
過去の事 (87)
花 (11)
植物 (6)
孫の事 (42)
ある日の事 (76)
今日の事 (287)
お友達の事 (6)
昨日の事 (119)
最近の事 (176)
今日 昨日の事 (28)
仕事の事 (21)
地元ネタ (19)
家の事 (38)
今日 明日 (1)
玄米菜食 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR