FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2020/02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 

猫にとっての「死」

お父ちゃん猫が死んだ日のことです。
その日の午後 
お父ちゃん猫は、居間に置いたお布団の上で
最後の時を迎えました。

呼吸が少し荒くなって
大きく息を吸ったと思ったら
そのまま 息を吐くことなく、動かなくなりました。

本当に死んじゃったのか!

以前 獣医さんから
顔に息を「ふっ!」と吹きかけると
生きてれば、息を吸い込むし、
死んだら 何の反応もないよ。と
教えられてたので 「ふっ!」
試してみました。

死んだのは 分かっているのに、
それでも・・・わずかな期待を込めて。

おばさんは 涙も出ませんでしたし
ただ ただ じっと見つめていました。

気を取り直して 病院へ連絡したり
家族にメールしたり、
霊園へ引き取りのお願いしたりしました。

そして 戻って見ると
なんと・・・お父ちゃん猫が寝ているお布団に
息子猫が おしっこしてるじゃないですか(@_@;)

これは、なんだろう?

マーキングなんて生易しいものではなく
トイレにするおしっこのように大量に!

生きてる時は
匂いを嗅ぎ合ったり
擦り寄ったり していたのに。

息子猫の涙なのかな。

その後 息子猫は、お父ちゃん猫には
何の関心も示しませんでした。
匂いを嗅ぐ事もなく まるで 猫のぬいぐるみでも
置いてあるように・・・無関心。

猫には、人間のような感情は無いと思いますが
猫にとっての「死」ってなんだろうな。

死んでしまうと 単なる物体?

家の中には お父ちゃん猫の匂いも残っているだろうに
探す事もなく 平然と過ごしてました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 食道・胃腸の病気へ
にほんブログ村
スポンサーサイト






▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (285)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (124)
体の事 (18)
食の事 (84)
運動 (2)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (9)
毎日の事 (87)
息子の事 (47)
家族の事 (23)
過去の事 (83)
花 (10)
植物 (6)
孫の事 (34)
ある日の事 (71)
今日の事 (262)
お友達の事 (6)
昨日の事 (107)
最近の事 (134)
今日 昨日の事 (19)
仕事の事 (19)
地元ネタ (17)
家の事 (36)
今日 明日 (1)
玄米菜食 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR