FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2019/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

22,4%増

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

22,4%増
これが、収入増の数値なら
小躍りして喜ぶべき事ですが
虐待を受けた疑いのある数値だそうです。

それも、児童相談所が通告を受けた
18歳未満の子供の数だけであると言うから
驚きと言うより 嘆かわしい事です。

周囲が疑っていても通告されない
隠れ虐待も数多くあるだろうと推測される。

殺人や強盗の検挙率が
90%を超えているのに・・
虐待の数は、増えるばかり(;一_一)

「ゆるしてください」の言葉を残して
亡くなった 幼い子供の母親に
懲役11年が求刑された。
夫からのDVが有ったとは言え
許される事ではない。

虐待にしても あおり運転にしても
世間から これだけバッシングを受けて
逮捕されて テレビでも連日報道されて
それでも、やる人が居ると言うのは
人間ってなに?と問いたくなります。



コロッケが真面目に歌ってる(笑)

人間は神様ではないから
心のどこかに うらやむ気持ち
意地悪な気持ちが存在する事は
否定できないですが
最近は、あまりにも 人を人とも思わない
事件が多発して、心が痛みます。

Yさんが言う
Sちゃんのご機嫌が悪くて 泣き叫んで居たり
自分で 網戸を開けてベランダに出て
「おかあちゃ~ん」と叫んでいると
誰かに虐待していると通報されるのではないか(>_<)
思わず「シー!」と口に指を立てて
黙らせようとしてしまう。
いつも周囲を気にする生活をしていると・・(>_<)
親が委縮する家庭生活
これが良い子育てなのだろうかと・・(>_<)

私達の子育ての頃には
無かった悩みなのだと思う。

恋愛だけでなく 人が人を愛する事は、
人の本質であり 尊い事だと思います。



子ども達が 喜んで家に帰れる
そのような 家庭環境が欲しいです。




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
スポンサーサイト






▽コメント

「虐待」がとかく事件となっていますが、ときには紛らわしいケースもあります。
もう20年以上も前になりますが、勤めていた会社の東京支店の女性が、その渦中の人となったのです。
何年か前に夫を病気でなくし、残された二人の子を育てるのに血眼になっていた時代のこと、たまたま女の子のほうがわがままを言い出して止まらなかったとのことでした。
最初は冷静に説得していた母も、ついに我慢の限界が来て知らないうちに手が上がってしまっていたのです。
女の子にしてみれば、あんなに優しかった母親から叩かれるなんて今までなかったことだし、それこそ大泣きになって外に飛び出し、それを見た他の人が児相だかどこかに通報したところから事件が大ごとになりました。
いったん施設の預かりになると、その子供が望んでもなかなか親元には返してくれなかったようで、しばらくの間、別離を余儀なくされたとのことでした。
通報した人は最悪の事態を恐れてのことでしょうが、まさかここまで発展するとは想像もしていなかったことでしょう。
なんでも、その娘さんが大学に進学したというところまでは聞いていますが、その事件のことはずっかり忘れているかもしれません(笑)。
 
子供たちが自分の家に帰るのがうれしいのは当たりまえのことだと、私は思うのです。
それだけ幸せな子供時代を送らせてもらったことに、今さらのように両親に感謝しています。
両親はこの世にはいないかもしれませんが、私の心の中でいつも微笑んでおります。

声なき声さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

虐待を通報する側も される側も
戸惑っていると思います。
紛らわしいケースが有りますから。

書かれているようなケースで
思わない事態になる事もあり
通報によって救われる命もあります。
せっかく 周囲の人が気が付いて
通報しても親に会って否定されて
命を落とす子供もいます。

児童相談所の対処が悪いと言われる事も
多々ありますが、結果論として
悲しい事態になってしまう事もあり
真実を見極める事は難しいです。

なぜ こんなに殺伐とした人間関係の
世の中になってしまったのでしょうね。

私達が子どもの頃 冷え切った体で家に帰っても
今のように 暖かい部屋でもなく 冷たい布団に
入って寝るような環境であっても 家には帰りたかったです。
学生になって家を離れても 夏冬休みになると
大急ぎで 家に帰ったものです。
そして、子どもや孫を 心から大切に思い
可愛がる事の出来る人に育ててくれた親には
感謝でいっぱいです。
私の両親ももう居ませんが 悲しい思い出は
一つもありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (278)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (122)
体の事 (17)
食の事 (83)
運動 (2)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (9)
毎日の事 (86)
息子の事 (45)
家族の事 (22)
過去の事 (82)
花 (9)
植物 (6)
孫の事 (32)
ある日の事 (70)
今日の事 (254)
お友達の事 (6)
昨日の事 (99)
最近の事 (126)
今日 昨日の事 (19)
仕事の事 (17)
地元ネタ (17)
家の事 (35)
今日 明日 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR