FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2019/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

気にしていないは、気にしてる事?

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

日が短くなった。
私の部屋は 雨戸が有るので
何時に目が覚めても外の様子が分からない(^^ゞ

部屋の戸を開けると
今までは、明るい朝の日差しが眩しかったが
うす暗い日が増えてきた。

夕方の日の入りも早くなった。

親友S子さんは、夕方に
閉店後のお店の掃除の仕事へ行っている。

近いので 5時半頃家を出て歩きで通っている。

夏場は、5時半でも明るいから良いが
秋になり日暮れが早くなると
暗くなってから 家を出て行くのは
寂しいから 嫌だと言う。

みんなが家路を急いで 
これから団らんの時を持つ時間に
仕事に行くのは、寂しいからだそうだ。

彼女は、一人暮らしなので
夜の家族との団らんは無いが
一日が終わり ホッとする時間帯に
仕事へ行かなければならないからでしょう。

S子さんは、前に書いた通り几帳面
と言っても 仕事に関してだけであって
家事については、それほど几帳面では無い(笑)

几帳面だからでしょうか
物事を公式に当てはめないと納得が行かない。
頭の中は 数学的
自分では、融通の利かない人だと言っている(笑)

その仕事は、彼女が誘ったもう一人の人と
2人でやっているが、相方は、大雑把な人
一緒に仕事をするまで 
その人の事は良く知らなかったようで
一緒に仕事を始めたら
仕事に対する 考え方が大幅に違い悩んでいる。

NHKで放送されている
ドキュメンタリー番組
「プロフェッショナル 仕事の流儀」の中で
仕事の流儀には、その人の生き方が現れる。

まさにその通り 
二人の性格の違い 生き方の違いが
仕事上に現われているようです。

私は、どちらかと言うと
感覚的に物事を捉える頭の中は 国語的
そんな訳で 相方の考え方が分かるような気もする。

彼女は、良く愚痴を言っては
「まぁ、気にはしてないけど」と言う。
しかし、気にして居なければ愚痴も言わないでしょう。

この場合の 気にしていないは
気にしている証拠だと思う。

愚痴を聞くだけで 彼女の気持ちが済むならば
意見もせず、愚痴を聞くのが
彼女の為になるなら それで良いのです。




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
スポンサーサイト






▽コメント

マンションの部屋は角部屋で、東と北に窓があります。
東側に向かってテーブルを置いていますので、特に日の出の時刻には敏感です。
大阪では、いっときは4時半で明るかったのが、今日など、5時になってようやく明るい空が見えてきたぐらいでした。
夏が過ぎ去っていくのを体で感じております。
 
仕事で営業担当のときは、前日の夕方から出張に出ることがしばしばありました。
会社での仕事が終わって、家に帰る人々の様子を見ていて、自分が悲劇のヒーローになったかのような気持ちを味わっていたものです。
最も辛いパターンは、日曜日の夕方、テレビのサザエさんを家族で見ている中で、私だけが出かけていく、というのがありました。
貴重な一家団欒のチャンスを横目でにらんで、仕事に出ていくのですから、今で言うところのブラックの感覚であったと思います。
 
会社の中にいたとき、愚痴を聞くという仕事は私には苦痛でした。
愚痴を言っている人間は自分の心の不満をぶつけられるので、それは楽になるかもしれませんが、聞かされる側にしてみれば忍耐力の要ることだと思います。
共感の姿勢を示すことで、愚痴を言っている人を支えることになるのかもしれませんが、それは、真の問題解決にはつながっていないのではないでしょうか。
とはいえ、部下から相談を持ちかけられたら上司としては親身になって対応をしなければなりませんでした。
ヨンヨンさんのように、
「愚痴を聞くのが彼女の為になるなら それで良い」
と断言されるような人間力の豊かさには、心より敬服をいたします。

声なき声さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

冬は、起きた時はいつも暗くて
それが 初夏まで長く続きますので
季節の移り変わりを感じる事は
少ないですが、夏から秋に向かっては
朝起きた時の 明るさ暗さで 
もう 秋なのだと感じます。寂しさを伴って(>_<)

私が、夕方に出かけるのは
遊びに行く時だけですから 悲壮感は有りません
むしろ 楽しい気分です(笑)

人によって違うと思いますが
私が愚痴を言う時は、
問題解決の答えを求めている時ではないです。
ただ、そうだねと共感して欲しいだけです。
回答が欲しい時は
「・・・だけど どう思う?」と意見を求めます。
彼女も その問題解決には
相方の 長い間の生き方や考え方を変えなければ
解決しない事は 分かって居ると思います。
他人の性格否定や 考え方否定は
してはいけない事だと思ってるでしょう。

これは、お友達間の事であって
社内の部下からもたらされる相談事は
親身になって 解決法を与えなければならないでしょう。

そんな訳で お褒め頂くような事ではないので
穴が有ったら入りたい気分ですが
新しい家には、ネズミ一匹入るような穴が無いので
明るくなったら 穴探しに行って来ます(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (273)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (121)
体の事 (16)
食の事 (83)
運動 (2)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (8)
毎日の事 (86)
息子の事 (45)
家族の事 (22)
過去の事 (81)
花 (9)
植物 (6)
孫の事 (32)
ある日の事 (69)
今日の事 (242)
お友達の事 (6)
昨日の事 (93)
最近の事 (123)
今日 昨日の事 (19)
仕事の事 (17)
地元ネタ (17)
家の事 (35)
今日 明日 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR