FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2020/02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 

息子の存在

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

先日 Yさんが
「お義母さんは、〇〇さん(息子)の事
 可愛いと思ってる?」と聞いて来た。

この質問に 戸惑った(^^ゞ
可愛い?可愛い?

Yさんや私が Sちゃんの事を
可愛いと思うような 感情は
もう、息子にはない(笑)

子供だから 大切には思って居るし、
大人として、対等に接しているが
可愛いでも無く・・・(^^ゞ
子供の頃の気持ちとは全く違う

では、どんな気持ちで接しているのか
考えても 適切な言葉が浮かばない。

ある日 この質問を息子にぶつけてみた。
「母さんの事は 日頃、何も思って無いけど、
何か有ったら全力で 助けようと思う気持ちが有る。
もちろん SにもYにもそんな気持ちは有るけれど、
それとは違う存在だ」

適切な言葉では返ってこなかったが
同じような事を思った。

親子って、長い歴史が有って
言葉では言い表せない絆が有るんだと思う。

良く 大切さを比べる質問として
「私と仕事はどちらが大切なの?」的な
質問が有るが、これは愚問だと思う。

世の中には、比べられない存在のものや
表現出来ない存在のものが存在する

Yさんの言う「可愛い」の意味は不明だが
もう、可愛いの域を脱して、「無」の存在かも知れない。



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
スポンサーサイト






▽コメント

私も、Yさんの問うている「可愛い」の意味がわかりかねます。
私の持っている言葉の定義では、”いとおしく思う”といった感情ほあらわれだと解釈しています。
ですから、娘や息子に対しては、30歳を超したいまでも、「可愛い」との思いを持っているのです。
ただ、赤ちゃんのときがそうであったように、仕草の一つ一つを見るだけで幸せになるようなことは、さすがにありません。
小さいときに感じていた「可愛い」は、いわば犬や猫を見て感じるのに似た思いであったのかもしれないと、あらためて感じています。

声なき声 さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

YさんとSちゃん 私と息子の
関係性は、同じですが、
どの様な意味で 可愛いと聞いたのか
分かりかねます(^^ゞ

過去の話が出た時に
私と息子の間には、共通の思い出が有るのですが
Yさんは、そこには立ち入れないので
嫉妬の気持ちの質問なのかも知れないと思いました(^^ゞ

息子が子どもの頃に可愛いと感じた感情と
今 Sちゃんを可愛いと思う感情は
また、別物です。

おっしゃる通り
Sちゃんには、ペットの仕草が可愛いと思うような
可愛さですね。
当時の息子には、責任も有りましたから
単に ペットではなかったようにも思います(^^ゞ

おはようございます(^^♪

「可愛い」って言葉から想像されるのは、
幼いものとかペットとかに関しての
笑みを自然と浮かべる愛情みたいな気持ちかなあ
なんて思います(o^―^o)ニコ

だから実際大人になった我が子に関して、
小さいころの赤ちゃんの時のような感情は
持ってないかも知れないな…なんて思いますが、
また別の意味で、母親は息子の事は、
いくつになっても可愛いし、
息子も母親の事はいとおしいもんだと
私は思ってしまいます。

これは、家族の歴史を刻んできた中での
特別な愛情なんだろうなって思います(o^―^o)ニコ

ちなみに我が家の三男坊は、
30歳を越えても、赤ちゃんみたいに可愛いし、
お嫁さんもほんと可愛いなって思ってしまいます(笑)

ほんと、親ばかですね(笑)

小手鞠さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます♪

お返事が遅くなってスミマセン<m(__)m>

息子達が大きくなって、子どもの頃のような
可愛さではなくなりましたが、
愛おしさ これも可愛いの内に入る表現の仕方かも知れませんね。

日常的には、息子はどうしているかな?
そんな事は、考えて居ませんが
急に思いついて、息子の好物を作ってあげようかなとか
考えるのですよ。
これって、可愛いからでしょうね。

お嫁さんも お義母さん お義母さんと
大切にしてくれますし、慕ってもくれて
可愛いのですが、
息子に対する 可愛さとはまた別の可愛さです。
これは、家族で築きあげた年月の違いだと思います。

お嫁さんが何故そう聞いて来たのか
真意は分かりませんが、
どんなに越そうと思っても
越せない年月です(^^ゞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (285)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (124)
体の事 (18)
食の事 (84)
運動 (2)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (9)
毎日の事 (87)
息子の事 (46)
家族の事 (23)
過去の事 (83)
花 (10)
植物 (6)
孫の事 (34)
ある日の事 (71)
今日の事 (262)
お友達の事 (6)
昨日の事 (107)
最近の事 (133)
今日 昨日の事 (19)
仕事の事 (19)
地元ネタ (17)
家の事 (36)
今日 明日 (1)
玄米菜食 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR