夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2016/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

うっかり死ねない (*´Д`)=3ハァ・・・

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

先日 地元新聞を広げて驚いた。

大きな葬儀案内に
中学の時の同級生の名前を見つけたから。
大きな建設会社の御曹司であった。

あの頃は、ちょい悪の子であったが
現在の肩書は 代表取締役社長である。

葬儀委員長の名前を見て
また、驚いた。

こちらも、同級生
葬儀社の社長である。
実家の母の葬儀を執り行ってくれた時は
まだ彼のお父さんの時代であった。

時の流れを感じた。

中学を卒業してから 高校も違うし
一度も会ったことがないので
記憶の中では 学生服を着た生徒

どんな数十年を過ごして来たのだろう。
そして どんな親父になっていたのか

何の係りもなく過ごした年月なので
葬儀に参列する気はないが
行ってみたら 懐かしい顔にも
会えるのではないか と思った。

今 実家がそこには無いので
行くことも無かったが
みんな地元で頑張って来たんだね。

感慨にふける朝であった。

彼には、
届くことのないブログ上ではあるが
お庭の 花を贈ろう

マーガレット2

次ページに載っていた
葬儀案内の広告を見て
現実に戻された。

この大きさの案内は、
350,000円もする。
小さい案内でも
105,000円もする

現世にお別れすることを
誰かに知らせるのにも
お金がかかる。

うっかり死ねない
(*´Д`)=3ハァ・・・

おばさんが死んだって
葬儀の広告なんて掲載する必要もないけれどね。
( ̄ー ̄)ニヤリッ

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ


スポンサーサイト

私って・・・私って・・・その2

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

親友S子さんの失敗談は まだ続く

ある朝 携帯を見ると
深夜 1時頃 不在着信が。
S子さんである。

気が付かず 申し訳ない
緊急な用事かと思い
慌てて 電話した。

「出なくて良かったよ」と彼女

前日 仲間と一緒に飲み会へ行った。
深夜1時頃帰宅したが、
玄関前で鍵が無い
アタヽ( ̄△ ̄ゞ=ヾ ̄△ ̄)ノフタ

バッグを探ったが 見つからない。

おばさんの家に泊めてもらおうと
電話したが、こんな深夜に申し訳ないと
すぐ切った。
多分おばさんの携帯は鳴らずに切れたと思う

近くのホテルに泊まろうと考え
タクシーを呼んだ。
運転手さんに 事の次第を話し
近くのホテルまでと告げた。

親切な運転手さんであった。
「もう一度 バッグの中身を確認してみたら?」
タクシーの中で バッグの中身を全部出し
探したら 見つかった 鍵

タクシーは、
そのままお金要らないと帰って行ったそう。

その晩は、無事家に入り
ゆっくり休めた。

S子さんの自分分析「私は、落ち着きがない」

何かが起こると パニックになって
周囲が見えなくなるんだよね。
もっと落ち着いて行動すれば
他人に迷惑かけないで 解決出来るのに。

私って・・・私って・・・
なんだろう。落ち込む彼女であった。
il||li _| ̄|○ il||l


cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



懐かしい思い出

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

今日は、お友達Iさんのご主人の月命日であったが
彼女に急用が出来 お参りは日を改める事になった。

その日に行かないのは この1年半で初めてだ。

おばさん夫婦とIさんご夫婦4人で
良くゴルフへも行った。

ゴルフへ行くと 女二人は下手くそ
ε=(・д・`*)ハァ…

夫は、「お前たちの一球あたりの単価は安いな」
同じ料金で 打つ数が多いからである
(*'-'*)エヘヘ

そんな時も いつもニコニコ
静かに微笑んでいられた 彼女のご主人。

あるキャディさんの付かないセルフプレーの日
夫が 前のホールの グリーン周辺に
クラブを一本置き忘れて来た。

取りに戻って このホールから
夫のプレーが乱れた。
「あそこで クラブを忘れたから・・・・」
自分のミスを棚に上げて。
σ(o-*)フゥ

その後 何ホールも言い続けた
そんな時も 彼女のご主人は
静かに微笑んで居られた。

彼女は、はっきり物言う人なので
「もう・・しつこい人ね!」
夫は、それで黙った。

その帰り道
彼女が夫に言った
「こんなしつこい人とは 3日と
 一緒に暮らせないわ」

夫はすかさず
「俺は、1日たりとも 一緒に居られないね」

そんな会話にも
彼女のご主人は ニコニコと
優しく微笑んで聞いていられた。

もう2度とない
懐かしい思い出である。

「懐かしい思い出」を花言葉に持つ
「ツルニチニチソウ」
ツルニチニチソウ33

そして
「クリスマスローズ」
クリスマスローズ
これは、押し花です。透明感が素晴らしい。

「蘇る思い出」を花言葉に持つ
「アサギリ草」
アサギリ草

思い出が懐かしくよみがえる。


cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



私って・・・私って・・・その1

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

親友S子さんは、
おばさんの失敗話が 大好きである。

今日ね。栗ごはん炊くときに 間違って 
「減塩しょうゆ ゆずポン酢」入れちゃったのよ。
(*´∀`*)えへへ

今日のゴミ収集は、ビン缶の日なのに
ペットボトルを ゴミステーションまで
持って行ったの
そこで気が付いて 家まで持って帰って来たよ
(*´∀`*)えへへ

小さな失敗談であるが S子さんは
ケラケラ笑って 喜んでいる
o(〃'▽'〃)oけらけらっ♪

なぜそんなに喜ぶかと言うと
S子さんは、毎日のように 失敗をしているが 
おばさんは、日頃それほど失敗をしないので
嬉しいのだとか・・・

今日は、バス時刻間違えて バスに乗り遅れた
今日は、携帯が無くなった
今日は・・今日は・・今日は・・
連続である。

先日 彼女は、お嬢さんの所へ行くために
新幹線の切符を購入しに行った。
(お嬢さんは関東方面在住である)
夜になって、到着時刻を
お嬢さんにメールしようと切符を見た。

12時半頃到着の予定であったが・・
切符を見て 驚いた。
12時半の出発時刻の切符であった。

駅員さんに 
「12時半頃 着く列車」と伝えたようである
駅員さんは、12時半頃 出発と思ったようだ。

翌朝、家の前で出会って
この話を聞いたおばさん
「普通 受け取ったとき 確認するでしょう」

これから駅に電話すると言う彼女

「電話したって 切符交換してくれないから
 駅に行って 変更してくればいいんだよ」

その後 彼女は駅へ行き 
切符の交換をしてきた。
無料だった。当然でしょう(笑)

お嬢さんに その事を電話したら
「普通 受け取ったとき 確認するでしょう」
別のお友達にも話したら
「普通 受け取ったとき 確認するでしょう」

みんなに同じ事言われた

そんな彼女であるが
仕事に関しては すごくしっかり管理が出来て
自分が任された部署の分析もしっかり出来ていた。
もう、定年退職して 今は一人暮らしの自分の
身の回りの事だけである。

私って・・・私って・・・
なんだろう。落ち込む彼女であった。
il||li_| ̄|○il||li

彼女の自分分析は、「私は男である」
(^m^ )クスッ

男だってこんな失敗しないでしょう(笑)

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



手術の日~二つの思い込み

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

末息子の入院の翌日
午後1時半から手術だと言うことで
1時頃 病院に着いた。

この日は、Yさんのお母さんもお見舞いに
来てくださって、3人で病室へ行ったら
寝ぼけ眼で、起きてきた。

前の手術に比べたら簡単な手術なので
リラックスしているのだろうと思った。

4人部屋なので、ボソボソのしゃべり声は
同室の方の迷惑だろうと、談話室へ。

ここで息子が語ったのは
「前の時は、事故が起こって、どうなるとか
どんな手術だとか 考える余裕もなく
なされるままだったが、今回は、どんな手術なのか
説明もあり、どこまで良くなるのだろう。」

しばらく話して、もう少し寝る
と・病室へ戻って行った。

リラックスしてると思ったのは
私たちの勝手な思い込みだった。
緊張感から 寝て気を紛らわせているんだ。

主治医の外来が長引いて
2時半に看護師さんがお迎えに来られ
手術着を着た息子と看護師さん
おばさんたち3人で エレベーターに乗り
2階の手術室前まで 送って行った。

手術室のドアーが閉まる時
息子は 小さく手を振った。

おばさんの手術の日過去記事はこちら
息子がエレベーター前で
手を振ったことを 思い出した。

手術時間は2時間と言うことで
私たち3人は、インターを一つ戻った
ショッピングタウンにコーヒーを飲みに出かけた。

1時間後 談話室へ戻り
息子が戻って来るであろうエレベーターの見える
テーブルで 話をしていた。

2時間が経った時 Yさんが手術室前に
迎えに行くと言って2階へ。
Yさんのおかあさんはトイレへ。

そこに三角巾で手を吊った息子が
病室の方から歩いてきた。

「えっ??」
おばさんは、思わずイスから立ち上がった。
Yさんは一緒ではない。
別のエレベータでもあるんだろうか。

手術は1時間20分で終わったそうで
さっき エレベーターから来たよ。
3人が居たので 小さい声で 「おーぃ!」と
言ったけど 気が付かなかったと(>_<)

3人とも エレベーターから降りてくる人達を
見ていたが 手術時間が2時間との思い込み。
(´ヘ`;)とほほ・・
息子の姿には気が付かなかった(>_<)
大勢の人が乗って居たからね。と息子。

まだ麻酔が効いていて 肩から下は感覚がない。
手は石膏で固められ まるで異物を抱えてるようだ
と 感想を言い、横になりたいと病室へ戻った。

前向きの手術だと 気楽に居たのは
周囲の私たちであって 本人は
かなりの 緊張感で心痛かったのだと思う。

私たちは、二つの思い込みをしてしまった。
(´ヘ`;)とほほ・・

何とかなるさ!の前向きな息子だが
この時は、疲れた様子だったので
明日も来ると約束して 病院を後にした。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



朝の楽しみ

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

おばさんの部屋のレースのカーテンには
花の刺繍が ちりばめられている
DSCF5416.jpg

形から言うと マーガレット
マーガレット1

花の花芯には、スパンコール

部屋の向きが 東南なので、
お日様が お隣の屋根の上から顔を出すと
窓から 陽の光

風に吹かれてカーテンが揺れ
DSCF5415.jpg

時折 スパンコールが 
赤に
DSCF5417.jpg
水色に
DSCF5420.jpg

虹色に キラッと光る

一瞬の出来事を
カメラにおさめるのに、苦労した。

目で見るともっと綺麗に見えるのに・・
(´_`。)グスン

朝の短い 癒しの時

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



入院の日~ 手術よりご飯

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

今日は、末息子の入院の日

病院まで送って行きました。

DSCF5435.jpg

朝 アパートに迎えに行ったら
診察券がない!騒いでいた。
しばらく探したが 見つからないので
再発行と言う事で、病院へ向かった。
(再発行で100円取られました)

周囲は 畑の中に新興住宅が立ち並ぶ
田園風景の中。
DSCF5438.jpg

以前は、市内の大きな総合病院の中に
間借りしていた病院です。
3年前 ここに独立して新しくスタートしました。
夜はきっと真っ暗になるのでしょう。

末息子の心配事は、手術のことではなく
「ここの病院の食事は、美味しいかな」
でした。ププッ ( ̄m ̄*)

前に居た病院は、付近でも有名な
美味しくない病院食だったそうです。
(前居た病院の名前・・書いて無いよね)
良かった~(^_^メ)(笑)

さっそく 掲示板に張ってある
献立表を眺めていました。

内臓の病気の人が居ない病院ですから
食べ物の制限はありませんから
食べたい物を買って運んで来ることが出来ます。

けれど、近所には買い物をするところも無く
200㍍のあたりに コンビニが一軒だけ。
売店もそれほど大きくなく
どこで 買ってくればいいんだ(笑)

バイパスからは、近いので
車で行くには便利ですが
公共交通機関を利用すると 不便な場所です。

おばさん家も息子たちのアパートも
バイパスに乗るには 便利な場所にありますが
車に乗れない人は、大変だね。

しかも、病院案内には、
この病院の治療箇所が、「手」ですから
車の運転には、十分に気をつけて
出来るだけ 送迎をお願いしてください

・・と言うような事が書いてありました。
確かに・・・
手だけではなく 体のどこかの調子が悪い時は
運転にも集中できず 事故の危険度は増しますね。

10時の入院時間までに送って行き
おばさんは、仕事があったので
Yさんだけ残して 戻りました。

夕方 またYさんを迎えに・・
片道20分で行けましたので
その辺の買い物とあまり違いません。

病院の食事は、美味しかったそうです。
良かった 良かった (*^-゚)vィェィ♪

朝食のご飯が嫌なら パンに変えてくれたり
お昼のお蕎麦が嫌なら ご飯に変えてくれたり
希望を取り入れてくれる食事のようです。
(*^ワ^*) スバラシイ

退院後の通院の為に
Yさんは、運転の練習をするそうです。
車

初心者はみなそうですが
まっすぐ走る事は、遊園地のゴーカート
(^m^ )クスッ  難なくできますが、
駐車や合流が 難しいそうです。

明日は、午後から手術
また、Yさんと一緒に病院へ行きます。

食事が美味しくても 綺麗な病院でも
やはり・・元気で普通の生活が
一番良いです。

怪我しないように 病気しないように
日常生活に 気を使わなければなりませんね。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



花の中に埋もれてみたい

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

連日の晴天に
嬉しくて 嬉しくて
ルンルン((´I `*))♪
仕事の合間に
中々出来なかったお庭の世話をしてあげた。

手間いらずの 簡単な低木
「ハクチョウゲ」=「白鳥毛」?(#~皿~#)
花がたくさん咲いていた。

ハクチョウゲ1

小さくて可愛らしい花が
ハクチョウゲ2
いっぱい いっぱい 咲きます。

花が終わったら バサバサと切ってしまっても
芽吹く勢いが強く 新しい芽がどんどん出てきます。
手間暇かけて、楽しんで 世話をされる方には
物足りないかも知れませんね。

家の周囲に 植えてありますよ。
DSCF5426.jpg

勝手に増えたのではありません。 
ちゃんと株分けして植えました.

さて~この花は、なんだっけな
(o゜ー゜o)??
DSCF5429.jpg

最近の花は 新種なんとか・・
もう 分かりません。

下の方に ピンクも咲いていました。
名前も覚えられない花って 可哀そう。

ちょっとエキゾチックな花
「スバラキシス」
スバラキシス2

真夏に咲くかと思えば
今頃 咲いてます。
スバラキシス4

仕事してる時より
どれだけ楽しい事か
( ´∀`)ケラケラ

お庭の花の中に埋もれてみたい
(人´∀`).☆.。.:*・

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



体も身の回りもスリムにしよう・・っと!

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日の日曜日
穏やかな気温と日差しに誘われて
毛布や冬物衣服の片づけをした。
暖房機具も片づけた。d(^^*)

毎年 片づけの時期になると
何年も手を通してない衣服 
使ってない品々

これをどうしようか
悩んでしまう(。-`ω-)ンー

悩みつつ片づけると
時間ばかりかかって
作業は一向に進まない。

事務的にドンドン片づけた。
そして、秋にはまた同じ悩みを
抱えることになるだろう。
(´Д`;)/ヽァ・・・

もう 4年になるが
初めて入院した時
入院道具を揃えるのに
家の前に住んで居る 親友S子さんに
いろいろ迷惑をかけてしまった。
(。・人・`。))ゴメンネ 人´Д`*)ありがとぉ☆

どこに何があるか分からない他人の家
電話しながら探して 揃えてくれた。
その後 何回もの入院の度に
必要な物を探してもらった。
夫や息子たちも そばに居たが、
身の回り品に男は役立たず。

しかし コンパクトな携帯ラジオなど
使い勝手の良い物を買ってきてくれた。
それだけでも、十分過ぎる役に立ってくれた。

まだ お腹の症状が安定していなかった頃
また、いつ急に 入院するか分からない。
簡単に揃える事が出来るように
カゴの中に 入院に必要な物を
揃えて準備して置くことにした。

お腹も安定して
お腹との対話も出来るようになり
前兆症状が 分かるようになって
早めの対処をすることも出来るようになった。
もう・・・
入院することも無いだろうと
このカゴの中も整理した。

ここまでやったら
お部屋がすっきりするかと思えば
片付いた感がない
从´_υ`从ショボーン

体も身の回りもスリムにして
身軽に生活しよう・・

これが、今だけの決心にならないように・・

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



怪我から学んだこと

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

末息子ネタが多いが
長男も真ん中息子も 特別な問題も無く
淡々と日々を過ごしているので
取り立てて書くこともない。

幸せな事である。

さて・・怪我した末息子の
その後を書いて行こう。

新潟に戻って
「新潟手の外科研究所病院」へ行ってきた。
この病院の目的は
「使える手を取り戻す」
5人の専門医が居て 
手の世界的権威の先生も居るとか

紹介状ありでも 待たされること2時間 
手専門病院は、全国でも数少ないから
患者さんは、全国から来る

結果は、
25日に入院し、26日に再手術
再手術は、前の病院の時から分かっていたこと。

親指の腱をつなぎ直し 
人差し指 中指の腱の癒着も切り離し 
可動域を広げる そんな手術だそうだ。
最初の7時間に及ぶ手術とは違い
2時間で終わるそうだ。

1週間の入院で 2か月指の安静を保つ

手専門だから なんか・・安心できている

最初の手術は 起こってしまった現実を
何とかする!だったが
今回の手術は、更に良くするという
前進の手術であるので、落ち込んではいない。

担当医が
前の病院は 良くここまで動くように治した
と 褒めたそうだ。

一番最初に運ばれた病院が
間違ったプライドで 無理に治そうと思わず、
すぐに それなりの病院に転送してくださったので
今のこの結果があると思う。

怪我に限らず 病気でも 早く診断が付けば
死に至ることもなかった 
そんな記事もたくさん読んでいる

日頃の 私たちの仕事についても
出来ない事は、出来ないと 素直に
認める事が 大切であると思った。

息子の怪我から、
おばさんが学んだことである。

今回 戻って来てから
半年ぶりに 当初はとても聞くことの出来なかった
怪我した経緯について聞く心の余裕が出来た。

手のひらの傷は残るけれど
機能は 以前に近い状態に戻るだろうと
安堵の日を迎えた。

ペーパードライバーのYさんに代わって
片道30分の 病院への送迎を 快く引き受けた。 

前回のような心配事は無いものの
手術の時間が終わるまで一緒に過ごす約束もした。

いつまでも 悩み事を与えてくれる末息子だが
安定感の中にどっぷり浸かってしまわない為の
親を思う子ども心 と思うことにした。

これって・・少し無理がありますか?(笑)

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



ヾ(´・∀・)ノ ♪Happy Birthday♪

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

今日は、長男の誕生日
ヾ(´・∀・)ノ << Happy Birthdy♪

あの日も今日のように良く晴れて居ました。

当時は今と違って
一人一台車を持ってるような時代ではなく
車は夫が仕事に乗って行ってましたから
バスに乗って 病院へ行きました。

予定日は6月1日
何の自覚症状もなく
普通 ごく普通の検診で

検診の結果
もう、産まれそうだから このまま入院するように
(@。@)/まじで!?

前もって入院に必要な物は 用意して
家には置いてありましたが。
持って来てないよ(>_<)

姉の職場に電話して
荷物を届けてもらう事にしたのですが
鍵~~かかってるよ (ノД`)・゜・。

朝 掃除して 
庭に面した戸の鍵をかけ忘れていた事
そこで気が付いた

当時は一戸建てのアパートに住んでいましたが
家の中に 骨董品や金目の物が
置いてあったわけでもありませんが
不用心な話ですよね
(T∇T)アハハ・・・(|||_ _)ハハ・・・

姉はすぐに荷物を届けてくれて
付き添ってくれました。

夫にも電話しましたが、
ちょうど外出中 携帯電話なんてない時代
事務員さんに伝言を頼みました。

後に この事務員さんがお見舞いに来られ
「入院したって!」と告げたら
「誰が?」って。
「誰?って奥さんよ」
そう言ったら そのまま ぴゅ~っと
走って出てったそうです
ヾ(@^▽^@)ノわはは

病院へ行ったのが 10時頃
陣痛促進剤の注射したのだと思います。

そして、産まれたのが3時40分
動物並みに 早いですね(^^ゞ

この頃は、産まれる前に男か女か
そんなことは、調べませんから
産まれて初めて 男の子って分かりました。

お誕生日なのに、長男は今日も仕事
朝にLINEで おめでとうだけ言っておきました。

夜は、M子さんは、幼稚園の集まりで外出でしたが
孫たちも来て あの子「にゃーた君」も参加して
ワイワイ ガヤガヤ 食事しました。

計画した訳ではありませんが
18日後 末息子のお誕生日
その18日後 真ん中息子のお誕生日です。

同じ年ではありませんから
念のため ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



誰かにあげたいな「恩送りコーヒー」

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

今日は、もう怒っていませんし
ムカついてもいません。
呆れてる ハイハイ (´。` ) =3
まぁ、
この問題はもう良い
国民として 選挙で決着をつけるのみですね。

緑の線

全国放送だったので
見られた方も多いと思いますが
「恩送りコーヒー」の話
ご覧になっていない方は
こちらを・・どうぞ。

訳分からない会見より
この話の方が 何倍も心が和みます。
♪♪v(⌒o⌒)v♪♪

おばさんのお気に入りカフェ
おしゃれな「ROAST CAFE」
ローストカフェ

オーナーは
バリスタの資格あるかっこいい おじ様
(バリスタとは、コーヒーなどの知識を幅広く熟知し、
バールやカフェ、レストランなどでお客さまへ
最高の一杯を提供するプロフェッショナルです。)
ローストカフェ1

前におばさんは、夏でも冬でも
「ホットコーヒー」と書きましたが
唯一 アイスを飲むのは
ここの水出しアイスコーヒーだけ。
水出しアイス

初めて飲んだ時
胸キュンではなく喉キュン
♪(゚▽^*)ノ⌒☆

アイスコーヒーってこんなに美味しかったのね。
誰かに「恩送りアイスコーヒー」あげたいな
o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o


cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



ムカついてま~~す。

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

今日も良く晴れて 
気分の良い5月の一日でした。

5月と言えば
新社会人や人事異動で新しい部署に移動になったりした時
倦怠感や虚脱感など体と心の一時不調を示す
「五月病」
5月ではなくても 「五月病」って言うそうですが
(*′ω`)b゛ок!!

新入社員でもなく 人事異動があったのでもないのに
おばさんも「五月病」になりそうだが、
良いお天気が 美しい 心地よい
そう思えるおばさんは、
「五月病」とは 無縁であるようだ。
ただ、ムカついてるだけなのである。
o(*゚□ ゚*)o  むかっ

会社は 4月に決算を迎えた
利益が出ていれば 6月に税金を納める。
法人税やら事業税やら

この利益は、
社員さんやパートさんが
毎日身を粉にして働いて作り上げた利益であって
人から貰ったお金ではない。
(・∀・。)(-∀-。)ウン♪お疲れ様

みなさんに給料として還元すれば
また、みなさんが 所得税として 住民税として
税金を納めなくてはならない。
(´_`。)グスン 税金高いね。

そんなお金なのに、またしても
政党交付金が私的に使われてた
こんな問題が報道では取り上げられてる

国民の血税で・・・である。
(`‐●_‐´怒)ムッ

「今 調べておりますので・・」
この言葉は、
「今 言い訳を考えておりますので・・」
このように聞こえてしまうのですが・・
o(*゚□ ゚*)o  むかっ

「五月病」だと思ったらこうして治そう
そんな説明の本や サイトがあるが
原因はストレスだし 性格が原因のこともあるので
そう簡単な事ではない。

線ライン

気分が沈んだら、とりあえず
多くのバラの中でも 
濃厚で甘い香りを放つ「ダマスクローズ」

ダマスクローズ1

この花弁から精油を抽出した「ローズオイル」

ローズオイルには 

美肌・しみ・シワなどのたるみやくすみなど
美容効果もあるようですが、
リラックス効果もバツグンみたい

アロマポットに ローズオイルを 1滴 お風呂に 1滴
今宵も 美容に健康的な眠りに・・・・(*^U^*)♪ 

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ




昔の新婚さん

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

五月晴れの気持ち良い日でした。
一年で最も良い時期ですね。

末息子のアパートに
インターネット接続の工事が来ることになっていて
二人とも どうしてもの用事があり
お留守番を頼まれた。

何かの時の為
鍵を一本 おばさんに預けてあった。

息子の家とは言いながら
留守宅へ入るのは 少し気が引けた
留守と分かっていながら
一応 インターホーンを鳴らした。
ヾ(;´▽`A``

玄関を入ると
几帳面なYさんらしく スリッパが
綺麗にそろえて 置いてあった。

まだ、お引越しの荷物は
全部片付いて無いらしかったが
きちんと 整理されていた。

リビングに入ったら
あの子「にゃーた君」が 椅子に座って
おとなしくお留守番をしていた。
にゃーた 002
そばには、ヒツジだろうか
消臭剤ケースが、これまた 静かに
寄り添っていて、微笑ましく見えた。

新婚と言っても もう2年になるが
若い人の家庭らしく 可愛かった。

ヽ(*’-^*)。
おばさんだって
新婚の頃は、可愛くしていたなぁ
(何十年昔のことだろう)

今は、σ(o-*)フゥ
何と 味気ない実用向きの居間だろう

お花好きだから 植物はたくさん置いてあるが
決して 可愛いとは言い難い

まぁ、この年になって、
可愛らしく飾り立てたら、アンバランス
年相応の 落ち着いた雰囲気も良いものだ。

時折 孫も遊びに来て
何でも興味を持って、いじりまくるので
これで良い。(*^-^*) ニッコリ☆

息子のアパートの玄関前には
大家さんが植えたのであろう
ピンクのツツジが 満開となっていた。

おばさんの庭にも ピンクのツツジに
負けず劣らず
絵に描いたような 赤いバラが一輪
DSCF5396.jpg

ミニバラも咲き始めた
バラ2
バラ3

今年は、なんだか遅いなぁ。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



自転車にまつわる痛い話

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

末息子は、子どもの頃から
わんぱく坊主だったわけでもないのに
怪我ばかりしていた。

小さな怪我 中くらいの怪我
何回も怪我した。
大人になってから とうとう
大怪我をしてしまった(--〆)
その記事は
こちら こちら こちら こちら こちら

この怪我連鎖から 抜け出さなければ
人生怪我三昧
(*´Д`)=3ハァ・・

せっかく 五体満足に生んだのに。
(´Д`。)グスン

葉ライン

近くのアパートの一方の出口は
坂になっていた。

幼稚園に入る前の事だろうか
この坂道を自転車に乗って
3㍍程の道路を横切って 側溝に突っ込んだ

水も流れてない 幅30㎝ 深さ30㎝
ゴミの溜まっている側溝だった。

コンクリート壁に頭をぶつけて
5針縫う怪我を負った

その時行ったのは、
市内の総合病院の脳外科

頭の中の怪我ではないのに、
脳外科  (・・?)

これには、今だから笑える理由がある。
( ̄ー ̄)ニヤリッ
この怪我の10日ほど前の事

我が家の前で よそ見をして 走っていて
駐車中の車に激突
転んで 頭に小石がめり込んだ

夕方の時間外であったので
総合病院の救急へ連れて行った
その時の担当が脳外科の先生だった。
小石を取出し 2針ほど縫った。

この自転車の怪我の2日前に
抜糸が終わって 病院通いから解放された

と・・・思った矢先の怪我である。
そして、また脳外科への通院が始まった

あまりにも早い ☆ヽ(o_ _)oポテッ

この時乗っていた自転車は、
おばさんと違って
大人の自転車の三角乗りではない

身の丈に合った 子ども用自転車である。

この怪我の翌日
近くの商業施設で ウルトラマンショーが
催された。
頭に包帯をし 保護ネットを被った
息子が お友達と写真に納まっている

何とも 痛い思い出が残されている。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



自転車にまつわる恐怖話

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

自転車と言えば
昔 昔 子どもの頃の苦い思い出があります。

今のように 
子供用自転車や婦人用自転車は無く、
自転車に乗るなら 最初から
大人用の三角フレームのごっつい自転車でした。
自転車1

サドルも上下できませんでしたから
子供が乗る場合は、地に足が着かず
自転車を傾けて三角フレームの間から
足を通してペダルをこいでいました。
このような乗り方を「三角乗り」と言いましたね。

経験のない方は、想像出来ないかも知れません。

おばさんの家は、
自転車を買う余裕も無かったのでしょう。
知り合いの郵便局の 局長さんのご厚意で
郵便配達の古くなった自転車を貰ってきました。

今は 郵便配達はバイクですが
当時は みんな自転車でした。
それも・・赤く塗ってあって
〒マークも入っていました。

父は、その自転車を黒く塗って
乗せてくれました。

転んで 傷が付くと
下の赤い色が 見えるような自転車でした。

それでも 自転車に乗れるのは嬉しかったです。

「三角乗り」もようやく卒業し
ヨロヨロと爪先立ちで 
やっとの思いで乗れるようになった頃

知り合いのおじさんと自転車に乗って
少し離れた お祭りを見に行きました。

そのおじさんは、
前に自転車用チャイルドシートを付け
妹を乗せて行きました。
その頃は、チャイルドシートなんて言わなかったのかな。

土手の道を走ってるとき
おじさんは、いたずらで おばさんの自転車に
自分の自転車をぶつけてきました。

おばさんは、ハンドルを取られ
よろけて 土手を転げ落ちました。
幸い 怪我もせず 川にも落ちませんでしたが
とても怖い思いをしました。

空や土手が グルグル回ってる
そんな記憶を ぼんやりと覚えています。

おじさんは、慌てて 自転車を引き上げ
少し曲がったハンドルを直しました。

その事がトラウマにもならず
今でも 普通に自転車には乗れますけど
あまり乗るチャンスはありません。

あれは、小学校の4・5年生くらいの
出来事だったと思います。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



自転車にまつわる苦労話

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

孫のRちゃんのお誕生祝
お約束していた自転車を買いに行った。

行く前に考えた。
Rちゃんに、自転車を買っても
Kちゃんは、乗り物が無い。
お下がりの三輪車にはもう乗れない

「公園まで Rちゃんが、自転車に乗って
 Kちゃんは、後ろを走って行くの?
 そりゃ、可哀そうだね」
甘い甘い おばあちゃんである。
ヾ(´▽`*;)ゝ"

と言うことで
Kちゃんにも買うことになったが

Rちゃんからは
「何で Kちゃんも?お誕生日じゃない」
クレームが付きそうであった。

6歳にもなると 正当な意見を言うようになる。

妙案はないものか!!

悩みつつ 末息子にこの話をしたら
良い案を出してくれた。

「三人寄れば文殊の知恵」

困ったときには、一人で抱え込まないで
誰かに相談してみるものだ。

Kちゃんのお誕生日は、12月であった。
末息子は、入院中で お誕生プレゼントを
あげてないので 俺からのプレゼントと
買ってあげるように・・・と。

果たして この言い訳は通用するのか
(。-`ω-)ンー

Rちゃんに話したら
過ぎたお誕生プレゼントは無効だと
敵も中々手ごわい
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

「三人寄れば文殊の知恵」も
末息子1人の知恵だったからダメだったか

「Kちゃんのお誕生日は、冬だから
 今から 一緒に公園で自転車に乗れると
 楽しいよね~」
後がダメなら 先にしよう
今年のプレゼントの先渡し
これで納得してくれた。

M子さんが、「二人分なんて 申し訳ないわ」

末息子の家も いずれ子どもが生まれるだろう。
お下がりが出来るから 先行投資だ

自転車は、マンションに駐輪場があり
そこに止めるらしいが、
今まで 玄関に ベビーカーと三輪車が
デンデンと置かれてた。

もう、不要になったので
末息子の家の子どもの為に
預かって欲しいと 持ってきた。

ベビーカーに三輪車 自転車
いろいろ 揃ってきてるが
肝心な 使う子ども(末息子の子ども)が、まだ 揃ってない
(´・-・。)クスン

これは、買ってこれないし
誰かのお下がり って事も出来ないし
じっと 待つより他ないようです。

2台分の 自転車代が 
お財布から 消えて行った
(;´Д`) うぅっ。。

今日から、毎日 お茶漬けご飯になりそうだ
(ノД`)ハァ

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



インパクトある自販機

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日は、末息子のアパートに
ちょっと 顔を出してきた。
玄関]・▽・)ノ ぉじゃまします♪

お引越しのお手伝いではない。
「お帰りなさい」ご挨拶に行っただけ。

息子が独身の頃のお引越しは
荷物整理も手伝ってやったが
もう、結婚しているので
息子の物であっても 二人の共有物である。
肉体労働したくないし・・
(´-ω-`;)ゞポリポリ

荷物の片づけをしているそばで
世間話をしていた。
邪魔なおばさん!って思われたかも・・
ヾ(・_・;)チョット‥

アパートの前に 自販機が4台
最初に アパートを見に行った時
なぜか、この自販機が目に付いた。

「自販機が4台もある」
何気なく息子に言った。

日頃 自販機にお世話になってないのに
気になった。

おばさんは、コーヒーも飲むが
夏冬に係らず、ホットで飲むので
夏の自販機は、無用である。
ホットな飲み物が 入れてないから。

出先で 缶コーヒーを買う時は
仕方なく コンビニを使っている。

なのに・・やたら この自販機が目に付いた。

昨日は
歩いて行ったせいか 
「ちょっと コーヒー買って来る」
自販機へ行った。
1本の缶コーヒーを買って戻ると

「1本かよぉ  母さんらしくないね」息子に言われた。
「遠くまで買いに行く必要が無いから
 自分の好きな物買えば!」
そう言う問題でもないが・・

もう 二人は飲みかけのペットボトルを
持っていた。
二人がまだ何も飲んでなければ
そこまで気が回らないおばさんでもない。
(@^-^)

Yさんが言った
「このアパートに着いて すぐに自販機がある
 って言ったら、
 母さんもそう言ったんだよと言われたよ」
♪(゚▽^*)ノ⌒☆

自販機があると 何か買いたくなる心理は
何だろう。

自販機ってそんなにインパクトのある
存在なのだろうか。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



スープの冷めない距離感

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

花
末息子夫婦が引っ越してきた。
おばさんの家から 1キロに満たない場所

こんなに近いけれど、
おばさんの生活圏内ではない。

このアパートの前の道を通るのは
1年に1度有るか無いか

アパートに最も近いスーパーも
ホームセンターもその中にある食品館も
その敷地内にある 電気屋さん 靴屋さん
衣料品店 アウトドア屋さん

近くの本屋さん その周辺にある
回転すし お蕎麦やさん 食べ物屋さん各種
それらのお店にも、頻繁に行くことはない。

ホームセンターの中にある花屋さんには、
良く行くが Yさんは、花屋さんには行かない

当然 おばさんは、バスには乗らない
いつ 乗ったか忘れた。
( ´∀`)ケラケラ

歩いて行くには、少し遠いが
イオンもあれば ツタヤ 業務用スーパー

お互いに 家を訪ねない限り、
この近辺で Yさんに会うことはないでしょう。

まぁ 偶然と言う事は、
まれにあることですが。
ヾ(ゝc_,・。)コンチワ!!

世の中に お姑さんが
家に入り浸って困る
こんな問題を抱えている人も多い。
ャダ((o(;□;`)o))ャダ

しかし、おばさんは、
家に来てくれるのは 大歓迎だが
毎日 頻繁に
押し掛けて行くほど 暇人でもない。

そんな訳で 適度な距離感を持って
スープの冷めない距離で 
生活して行けるでしょう。

末息子が転勤する前に
みんな揃って お別れパーティーをした。
あれから2年数か月が経った。

真ん中息子のお嫁さんM子さんと
お帰りパーティーをしようと
計画を立てている。
クラッカー

また、「ワイワイ ガヤガヤ」
出来そうである。

そう言えば
可愛いあの子 「にゃーた君」も
ミケムラ
段ボール箱に入れられて お引越ししてきた。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



プリンセス・りえりん

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

ブログって、毎回 個人的ですけど・・
今日は、特に名指しの個人的な記事です。

りえりんさ~~ん
「プリンセス りえりん」が咲いたよ。
このバラの花の命名権は、りえりんさんにある
DSCF5390.jpg

おばさんの前のブログの頃
このバラを載せて、名前が分からないと書いたら
りえりんさんが この名前を付けてくれたっけ。

『プリンセス・りえりん♪』なんて名前、どぉかしら?
こんなコメントだった。

2008年頃の話ですから
もう、8年も経ちますね

これが当時の
「プリンセス・りえりん」
プリンセス・りえりん

まだ りえりんさんが 「Cat Tail」のブログの頃です。

実は・・・
過去記事の ブログ名「pretty・cat」は、
りえりんさんの 「Cat Tail」からヒント頂きました。
ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!!

そして、今の ブログのアドレス「pretty3cat3」
りえりんさんが、ネコのシッポなら
おばさんは、ネコの耳 の「3 3」 

ふか~~い関係です。

ネコ好きな方
やんちゃで可愛い「桜子ちゃん」と
桜子ちゃん以上に 素敵なりえりんさんの
ブログ 読んでみてね。
「ワタクシ『桜子』と申します。
多分 吹き出したり
(●´艸`)フ゛ハッ  
目を見張ったりすると思いますよ。
(◎ー◎;)ビックリ

今年は 暖冬と言いながら
5月になっても 寒い日があったりで
「プリンセス・りえりん」は
まだ、一輪だけ
DSCF5392.jpg

蕾がたくさん付いてるので
そのうち お庭が華やかになるでしょう。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



決して忘れないよ! もう一度 あの優しい鳴き声が聞きたい。

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

ネコがお空のお星さまになった。
白ちゃん10

飼い猫ではないが、長年
この辺に住みついていた ノラちゃん

お隣の囲ってある お風呂の給湯器の
傍で 産まれたらしい。

ある日 
お母ちゃんネコちゃんが、子猫をくわえて
囲いの中から よいしょ!と出てきた。

1回 2回 3回と 白黒斑 茶色 白 
こんなにも 上手く色分けが出来たもんだ(笑)
お父ちゃんネコちゃんは 誰だ

しばらくは、3匹を連れて歩いていたが
いつの間にか 白だけが 取り残された。
真っ白で、目の色が 左右 青と黄色

飼ってあげたかったが 当時我が家には
3匹の猫がいた。
もっとも 家には入ろうとしなかった。
産まれた時から ノラを自覚していたようだ。

雌猫だったので、
この辺で 増えるのも大変だと思い
避妊手術だけには 連れて行った。
暴れて大変だった。
獣医さんも ネットに入れて 麻酔を打った。

ノラちゃんなのに、いつも真っ白で
綺麗だった。
白ちゃん2
よほど グルーミングが上手かったのでしょう。

愛らしい姿とおとなしい性格に
近所の人たちにも
可愛がられて 癒しを与えていた、
白ちゃん11

夏に居間の戸を開けておくと
あちらから こちらへ 部屋を駆け抜けて行った。

朝 ゴミ捨てへ行くと どこからともなく
現れて 足元に絡みついてきた。

我が家の3匹の猫が いなくなってから
家のネコちゃんにしようと思ったが
もう ノラの習性が身に付いていたのか
家に入れると 大騒ぎして 
外に出たがって ガラス戸に 突撃
危なかった。

仕方なく 外に置くことにした
最初は、手を差し出すと 逃げ腰で
一切 触らせてくれなかった。

最近は、道路に寝転んで
心を開いてくれるようにもなっていた。
白ちゃん3

冬の寒い日は 我が家の縁の下で暖を取って
いるようだった。
(床暖の温かみがあったからと思う)
雪の日には、こんなに可愛い足跡を残していた。
白ちゃん4
あ~来てたんだね。

氷の張る水連鉢で水を飲んでいた。
手は、氷の上に置いている
白ちゃん5
冷たかっただろうに!

おばさん家の庭に侵入した
子猫に威嚇してる姿もとらえた。
白ちゃん6

1か月くらい前までは
ブロック塀の上を 歩いていたが
連休前に パタッと姿を見せなくなった
数日後 戻ってきたが
目ヤニに 耳の後ろも ゴリゴリが

数日間居て
また居なくなった

母の日の夕方  
腰のあたりに ドブの泥を付けて
ヨタヨタ ヨロヨロ 息も絶え絶えに 
歩いて居る所を 見つけた。

もうすっかり 弱っていて
立つことも出来なくなっていた。
目もほとんど見えない様子だった。

ブラシで泥を払い 目薬を差し 
綿棒で丁寧に 顔を拭ってやり
小さなすり鉢で 餌を水状にし
スポイトで口に流し込んだが
もう 食べる力も無かったようだ。

庭に段ボール箱を置き
古いバスタオルを敷いて寝かせた

翌日は、庭の草の上に横たわって
終日を過ごした。
日が当たって来たので 傘を差し日をさえぎった。

夜になって、天気予報を見て
雨は降りそうになかったが、
縁の下に入れる場所に 移動させ
万一の雨予防に 傘を差しかけた。

もう、期待はしていなかったが
翌朝 起きて一番に見に行った。

ネコは死ぬとき 人目に付かない所で
と 言われているが
弱った体で 力を振り絞り 
おばさん家に 戻って来てくれた。
それを考えると 涙が出て仕方ない。

そして、自分の匂いの残る場所で
おばさんが、何の後悔も残さないように
最後の世話をさせてくれて
静かに 天に登り お星さまになったのです。

確か・・1999年の今頃生まれだったと
記憶している。17歳の生涯だった。

もう一度 あの優しい鳴き声を聞きたい。
しろちゃん1


cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



「出ていけ~!」「出ていくわよ」の結末

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

top-mist.jpg
家出中 夫からは、何回も何十回も電話が入った。
すべて無視していた。 

家の様子は、親友によって伝え聞いていたので、
心配する事もなかった。

この街を離れる事を息子たちから聞いた夫は
このままでは 別れられないから 
話し合いをしようと
親友を介して ホテルを指定してきた。

おばさんも それもそうだと思い
指定されたホテルへ向かった。

この時 おばさんは、ホテル生活中に買った
夫にとっては 見慣れない洋服を着ていた。

自分から離れてしまったように感じたのでしょう。
夫はカードを出して、
「これで何か買ってこい!」
この ぎこちない雰囲気から逃げ出したい気がして
買い物に出た。
けれど、買いたい物があるわけでもなく
地下の噴水の見えるベンチに座って
時間潰しをした。

ホテルに戻ると もうかなりの時間が経って
夜も遅くなっていた。

今晩はここに泊まって行くように
言われたが どうしてもそんな気になれず
帰る!と 部屋を出た。

エレベーターに乗って 
ドアーが閉まろうとした時
夫が 靴下のまま 走って来て 
エレベーターの前に立った。
けれど、ドアーは閉まった。

ドラマのような一瞬であった。

あれから、
靴も履かないで部屋を出てきた夫はどうしたのだろう。
オートロックの部屋だから 鍵は開かないはず。
靴下のまま フロントに行って
開けてもらったのだろうか(笑)
(まぁ、下着姿ではなかったので 良かった)

その後 
今日まで その結末については 
聞いたことがない。
情けない姿の話を聞けるわけもない。

そのエレベーターの件で
夫の心の中を見たような気もした。
日々の行動 言動は
不器用ではあるけれど 
夫の愛情表現の仕方なんだ
そう思えるようになった。

携帯に入っていた伝言には
嫌味も怒りもあったが
「お前のハンバーグは美味かったな」
「家の中が散らかっているんだよ」

家においておばさんは必要とされているんだ
そのようにも思えた。

数日後 義兄(姉の夫)が来て
説得されて 家に戻った。

その後は、二度と家出はしていない(笑)

それからは、
ほとんどの事を 聞き流している。
最初は、少し苦であったが
慣れてきたら 何とも無くなった。

だからと言って 
夫を無視してるわけではない
夫の性格を理解しながら不必要な事には
心乱されない

何か言われたら 深呼吸
ワンクッションおいて 返事をしている
言われた言葉に 即座に返事をすると
感情に任せた あらぬ事を言ってしまう

「売り言葉に買い言葉」
喧嘩の元凶は、ほぼこのパターンだから。

手のひらに乗せているのは
おばさんか夫か 分からないが
暗黙の内に 
空気のような存在になっている。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



母と息子の心のパイプ

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

カエル

昨日の母の日に
母親がして欲しい事について
書きましたが、
では、息子たちは 
どうして欲しいのだろう。

もう、大人だし 家庭もあるので
自分たちにはして欲しい事はないと思う。

母親に
元気で 長生きして欲しいだろうな。
「元気で!」これが一番だろう。

聞いたこともないので
勝手な想像をしている。

子どもが幼い頃は
親が子ども達を守り 
気をかけてやるのは当たり前

子どもたちが成長したら
親と子供は、同じ大人 人間として
上下関係はない と思って居る。

そこには、信頼関係で築かれた
人と人との 繋がりがある。

我が家でも
長男の病気や末息子の怪我
子ども達から
心配事も与えられている
(おばさんも入院手術したけど)

真ん中息子には、
あまり心配させられた事はない。
二男らしく 小さいころから 
自立していたせいかも知れない。

中学2年生の時だった
今より学校は荒れてはいなかったが
少し幅広の学生ズボンを穿いていた。
そのことで おばさんは担任に呼ばれた。

確かに 服装の乱れは不良の始まり
かも知れないが・・・
学校にも真面目に通っていたし
成績もそれほど悪くはなかった
スポーツもしていた。

今でも、おしゃれであるが、
服装に興味を持つお年頃だったと思う。

「総合的に見て、生活が乱れているならともかく
これくらいの 幅広ズボンが、何か問題ですか?」

おばさんは、担任に言った。
その後 そのズボンは、黙認された。

後々 真ん中息子は言った。
「あの時 母さんは、俺の味方なんだと思えた」

横目で しっかり見ていれば
息子たちの事は、おおかた お見通し。

二男の職業選択の時
泣いて騒いで 大喧嘩した。
夫は驚いて 仲裁に入った。

親の意見を押し付けた訳ではない
あくまでも、息子の立場に立っての
意見を言ったと思っている。

その他 いろいろあったけど、
いつも 子どもの味方
こうして おばさんは、息子たちとの
信頼関係を築いて行った。


おばさんが家出した時
真ん中息子から手紙を受け取った
「今まで、何でも相談出来たし、信じていたから
 俺たちにとって ショックだった。
 これからも 信じて行きます」

今は、しっかり 家を守っているし・・・(笑)
おばさんの 家出くらい何なのよ(笑)

様々な過去があって、現在がある
その時々 真剣に対処していけば
結果は 必ず 良い方向へと進んでいく。

時々 ふらりと家に寄って 愚痴を言って来る
感想は言うけど 意見はしない
だって・・息子たちは もう大人なんだもの。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



母の日に思う

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

30.gif
♪~母さんが夜なべをして手袋編んでくれた~♪

母の日
おばさんの実家の母はもういない
夫の母親ももういない。
したがって、最近は
もっぱら 祝ってもらう立場。

実家の母は 編み物が上手かった。
手袋を編んでくれたことは無かったと思うけど
セーターは良く編んでくれた。

あまり親孝行娘ではなかったので
母の日に 何かをした と言う記憶がない

姉は、母の日に限らず
良くプレゼントをしていた。

「親孝行したい時には 親はなし」
母が亡くなってから 実感している。

後で読もうと思って 忘れてしまったので
【転載元】が載せられなくて 申し訳ないが
どこかのサイトに

本当に母親が求めている
親孝行とは、物を貰うことではなく
子どもと一緒の時間が欲しいのだ。・・と。

そこには、**指数 みたいな事が書いてあって

【「親の残された寿命×一年に合う日数×1日で一緒にいる時間」

親の年齢が60歳と仮定し計算してみると、
20年(親の残された寿命)×6日間(1年間に合う日数)
×11時間(1日で一緒にいる時間)=1320時間
となり、親と一緒に過ごせる日数は55日間しか無い!!
という答えが出ます。
もちろん全てがこれに当てはまる訳ではないのですが、
これは衝撃の数字です。】

近くに住んでいる 同居している
そうなると また 少し違ってくると思いますが。

もう一つ 母親が求めている
親孝行は、母親と子供の求める
将来の希望 考えが一致して
実現する事なのだ。

と、言うような事も書いてあった。

母の日に娘・息子にしてほしいと思うことランキング

「いつもありがとう」と言ってもらうだけで良い
一緒に食事をする
手料理を作ってもらう
家族と一緒に家でゆっくり過ごす
旅行にでかける
手書きの手紙をもらう
肩もみをしてもらう
一緒に買い物に行く
なんでもお手伝い券をもらう
一緒に料理を作る

これらを見ても
物を貰う事より 一緒に!を
求めているのが良く分かる。

しかし、心 気持ちを 物に託して!
それも また 表現の一つだと思う。

と言うわけで
今日も 息子 から
母の日の お花が届いた。
DSCF5377.jpg

華やかな 可愛いお花
カラフルに染めた カーネーション
DSCF5378.jpg

去年は、ブログをお休みしていたので
載せてないが
大人の魅力「アンスリューム」だったと思う
032.jpg

幼い息子たちから 貰った
森英恵のエプロン
DSCF5382.jpg
ティッシュ入れ
DSCF5384.jpg

小物入れ
DSCF5387.jpg

高い物ではないが 大切に今も使っている

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



「出ていけ~!」「出ていくわよ」

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

top-mist.jpg
「出ていけ~!」「出ていくわよ」
夫婦喧嘩の 定番のやり取り

「出ていけ~!」「あなた出て行ってよ」の
ご夫婦もあるかも知れませんね。
(´-ω-`;)ゞポリポリ

生活環境の違う人が共同生活をすると
少なからず 摩擦が起きてくる

我が家の夫婦も 過去にはさまざまあった。
あくまでも過去の話です。

今になって思えば どうと言うことのない
些細な問題ばかりだったと思う。
若かったからね~
(・∀・。)(-∀-。)ウン♪

今では、
いろいろな経験から 学んだり 教えられたり
「まぁ いいか!!」と思えるようになった。
生死に係りの無い事以外では
ほとんどの事が 聞き流せるようになった。
立派\(^o^)/ 自分で褒めるかぃ

十数年前の喧嘩の発端も
ベッドの下に埃がある
(たまっているではない)
こんな事が原因だったと思う。

「出ていけ~!」「出ていくわよ」
おばさんは、本当に家を出た。

必要な荷物を段ボールに入れ 親友の家に預け 
当初必要な物だけ バッグに入れ 
自分のお金は、そのまま( ̄ー ̄)ニヤリッ
この時 偶然 家計として預かっていた通帳に
少し多めのお金が入っていた。
このお金を下ろし持って出た。
(●´艸`)フ゛ハッ

家出は、計画的ではなかったのに
良くここまで 気が回ったと感心する
v(@∀@)vィェ~ィ

先の道が決まるまでと
その日からホテル住まいが始まった。

夫に振り回され 仕事もあり 子育てもあり
自由に飢えていたので、悲壮感もなく
ホテル住まいは 結構 快適であった。
何しろ 掃除しなくて良いもんだ
(*^-゚)vィェィ♪ 食事も (*^-゚)vィェィ♪

朝食は、喫茶店のモーニングを食べ 
ウインドウショッピングをし
お友達に会い 自由を満喫していた。

10日ほどの ホテル滞在の後 
お友達にお願いしてあった
就職先の 面接が出来る事になったので、
息子達をホテルに呼んで 
この街を離れる話しをした。

ホテルのラウンジで待っていると
3人の息子が、ダウンライトの下を
揃って歩いて来ました。
我が子ながら 格好良く 頼もしくみえました。

根っからの楽天的な性格のおばさんは
息子達に「新しい土地での生活が始まったら
     もう一カ所来る場所が出来て良いんじゃない」と
気楽に説明をしました。

息子たちとは、信頼関係で繋がっていると
確かな確信があったので、
おばさんの決定を受け入れてくれるとの
思いがあり、何の迷いもなかった。

考えてみれば、信頼があっても
息子たちの心の痛みは 
考えてやる余裕はなかったのだと思う。
(人;´Д`)ゴメンネ

親の決定に反対できない息子たちには
申し訳ない事をしたと思う。

今では、そんな時の事も忘れたように
母親として、威張って接している。
ニャハハ (*^▽^*)

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



寝不足だ~(>_<)

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

おはようございます。
昨日は、妹の家に行って
話が弾んで 帰ってきたら
今日になっていました。
(´-ω-`;)ゞポリポリ

寝不足は お肌の大敵
フゥ(o´Å`)=з
分かっちゃいるけど
寝不足です。

今日は 朝から
今にも雨が降りそうな曇り空

空も寝不足でしょうか(笑)

ボタン
元気な
ボタンの花を見ながら
今日も 頑張ろう~

こちらは
昨日のボタンです。
ボタン1

日が当たってると
透明感があって
綺麗に見えますね。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



あなた もぐり? 違うよね(*^。^*)

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。


今日は子どもの日
「子どもの人格を重んじ、
 子どもの幸福をはかるとともに、
 母に感謝する」ことが趣旨である。

昭和26年5月5日に子どもの権利に関する宣言
「児童憲章」が制定された。

「われらは、日本国憲法の精神にしたがい、
 児童に対する正しい観念を確立し、
 すべての児童の幸福をはかるために、
 この憲章を定める。」

児童は、人として尊ばれる。
児童は、社会の一員として重んぜられる。
児童は、よい環境の中で育てられる

以下 12の項目からなる児童憲章だが
どれを読んでも 今の世の中で
子どもたちが 本当に重んじられているのか
疑問に思える事件がたくさん起こっている

本当に嘆かわしい世の中です。
これは、私たち大人の責任ですね。

ネコの足跡

今日は、
ネコ好きなら 知らない人の居ない
岩合光昭さんの写真展へ行って来ました。

ネコ好きなのに 岩合さんを知らないなら
それは・・・「もぐり」だ
( ̄ー ̄)ニヤリッ

おばさんは、もう3回目なのに
今日も 何時間もかけて 1枚1枚を
楽しく 嬉しく 微笑ましく 見てきました。

感想なんて 書けません。
「見れば分かる」 です。

中の撮影は禁止なので、
入口のポスターだけ。
DSCF5372.jpg
そして クリアファイル
岩合2

会場は三越デパートでしたが
ここのカードを持っていると
2名まで、無料

お友達と一緒だったので
二人とも ただで堪能して来ました。

ネコに癒されて
新潟珈琲問屋で 美味しいコーヒーを飲んで
コーヒー店

子どもの日なのに「おばさんの日」のようでした。
ルンルン((´I `*))♪

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



思い出の手紙

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

連休の2日目
この前記事に書いたお友達と
お茶 してきました。

また、ご主人の話で
懐かしさを感じてしまいました。

彼女もまだ喪失感から抜け出れないようです。
(p_;)ヾ(´∀`)ヨシヨシ

バラ

何回目かの月命日に
彼女宅を訪れた時
「こんな物が大切にとってあったよ」

それは、何十年も前
おばさんと夫が酷く喧嘩した時
彼女がおばさんの味方をした。
夫は 何も関係のない
彼女のご主人に八つ当たり

大変申し訳なく思ったおばさんであったが
直接 謝ることが出来なかった。

おばさんは手紙を書いて
彼女に託した。
その時のおばさんの手紙を出してきた。

あ~そんなこともあったね
二人して 笑い転げた
( ´∀`)ケラケラ

そんな手紙 捨ててしまえば良いものを!
それほど 律儀な彼女のご主人であった。

彼女のご主人には、
まだまだたくさんの思い出がある。

数名の社員を使って
プレハブ関係の仕事をしていられた。
我が家にプレハブの倉庫を建てるお仕事を
していただいた。

まだ、末息子が小さい時であった。

興味深そうに眺める息子が
「おじさんは、何の仕事してるの?」
「おじさんはね。みんなが仕事をしてるのを
見てるだけのお仕事なんだよ」

本当に幼い息子は、真に受けた。
「おじさんはね。見てるだけのお仕事なんだって」
得意そうに 報告してくれた。

末息子は、まだその事を覚えていて
「本当に 優しいおじさんだったね」と
懐かしんでいる。

バラ


cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



似て非なるもの

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

先週の土曜日に孫二人が遊びに来た。

お花好きな おばさんのために
イチゴの苗を買ってきてくれた。

花ではなくて 食べられる植物だから
自分たちが食べたかったからかな
ヾ(´▽`*;)ゝ"
さっそく 3人で苗を植えた
小さなイチゴが2個出来ていた。

「これ!食べてみる」
Rちゃんが、小さなイチゴを一つ食べた。
DSCF5367.jpg
白い花 
早く大きなイチゴがたくさんなりますように!!

DSCF5364.jpg
前から おばさんが育てているイチゴの花は赤
本来 赤い花のイチゴは 観賞用だとか。
けれど、去年も実がなった。 すっぱかったけど。

突然
「ブルーベリー食べたい」Rちゃんが言った。
(*´д`)??
まだブルーベリーは 実がなってないはず

どこどこ (゚Д゚≡゚Д゚) ブルーベリー?
(・д・)σあっち!
Rちゃんが指さす方を見たら

DSCF5370.jpg
それは、ヤツデの実でしょう
w(°0°)w オォー
似て非なるもの

ブルーベリーは、まだ花が咲いたばかり
DSCF5363.jpg

ブルーベリーは、たくさん実がなるので
早く 食べられると良いね。

019.gif

今日は、Rちゃんの6歳のお誕生日
連休を使って 家族でディズニーランドへ行ったので
お誕生パーティーはなし。

帰ってきたら 自転車を買ってあげることを
約束しちゃった 甘いおばあちゃんです。
v(。・ω・。)ィェィ♪

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ




~法 ~法 ~法 (;´ρ`) グッタリ

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

今日は、仕事の資格更新試験を受けてきました。
結果は来週にならないと分からない。
(*´-ω-`)・・・フゥ

最初に資格を取ったのは
平成が始まって2年目だから
もう、26年もこの仕事をしていることになります。

あの頃は、もっと簡単な試験でしたが、
最近は、何とか法 何とか法 ~法 ~法 ~法
(;´ρ`) グッタリ
法に縛られて
試験が難しくなってきています。
(;´ρ`) グッタリ

若い頃と違って 暗記力は 鈍っているように思えます。
思える!ではなく 鈍っている(ノД`)・゜・。

けれど、嘆くことはない
生きてる上での 経験から 理解力は増している
経験から 理解出来る事が 増えています。
(*^ワ^*)

試験はともかく、生活全般が法に縛られて
窮屈な生活を強いられているようにも思います。
(*´-ω-`)・・・フゥ

線ライン

試験勉強で お庭を見る余裕も無かったので
午後から 少しお庭の巡回を。

この前 咲き始めた
イベリス
「イベリス」が満開になって居ました。
DSCF5360.jpg
花の中に花が・・

小さくチューリップも咲いていましたが、
DSCF5362.jpg
周囲は雑草だらけ ε=(・д・`*)ハァ…

シラーカンパニュラータ3
「シラーカンパニュラータ」
シラーカンパニュラータ2
釣り鐘状の小花がたくさん咲きます。
梅雨になると地上部が枯れて休眠
毎年よく咲きます。

こちらは
シラー・ペルビアナ
「シラーベルビアナ」
同じ種類ですが
1株でも見栄えのする立派な花を咲かせます。

お花に癒されて
5月の2日目の終わりです。

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



 | HOME |  »

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (197)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (79)
体の事 (14)
食の事 (43)
運動 (2)
愚痴 (8)
ちょっと一息 (23)
心の事 (14)
怖い話 (6)
毎日の事 (82)
息子の事 (38)
家族の事 (17)
過去の事 (55)
花 (7)
植物 (4)
孫の事 (12)
ある日の事 (63)
今日の事 (123)
お友達の事 (2)
昨日の事 (37)
最近の事 (59)
今日 昨日の事 (9)
仕事の事 (5)


フリーエリア


温むすびhttp://www.onmusubi.jp/
FC2 ランキング


リンク



ブロとも一覧



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR