FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2014/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

怖かった夜の病院

台風で一日遅れになった
お祭りの花火が上がっていました。昨日。

今年は 見に行かなかったので
実行委員会の写真を頂いちゃいました。
花火
これは、
8本の大スターマインを一気に打ち上げる
「エボリューション(進化)」迫力ありますよ。

さて・・入院した長男は
症状が落ち着いた頃
小児科の病棟が空いて 小児科へ移りました。

すっかり元気になって
点滴スタンドを引っ張り回し、
病棟の廊下は走る。
消毒薬の洗面器をかき混ぜ泡立たせる。
やりたい放題の 看護師さんに叱られてばかりの
毎日でした。

この頃は 親のお見舞いなど
必要ないほど お友達とも仲良くなってました。
一応 親ですから 毎日 顔を出してましたが
夜のお見舞いは 大っ嫌いでした。

なぜって 
夜の病院は正面玄関が閉まり
脇の出入り口から 帰るのですが
小児科から直通のエレベーターに乗り
1階に着きドアーが開くと すぐ前が霊安室

うす暗い電気 うす暗い廊下
誰~~も居ない(>_<)
自分の足音に 思わず振り返る(;一_一)

これが嫌で 遠回りして別のエレベータに
乗ってました。
それでも 誰も居ない待合室を通るのです(>_<)
病院の夜って どうして怖いのでしょうね。

新築した市民病院は
夜も廊下は明るく 全然怖くなかったです(^-^)

この頃 息子の幼稚園のお友達の妹さんが 
無菌室に入院されていて
空気中の細菌に接するとすぐに
死んじゃうのと話していられました。

何の病気だったのでしょうね。
その後 数か月で亡くなってしまわれました。

長男は、
髄液検査の結果 髄液が透明になって
退院まで約1か月の入院生活でした。

担任の先生が 毎日のように来てくださって
同級生のお手紙や授業のプリントを届けてくださり、
親にとっては 怖かった記憶もありますが、 
長男には、
楽しかった思い出しか残ってない入院でした。

DSCF4587.jpg
鉢から植え替えて 数年咲かなかった
「紫陽花」が 一個だけ 咲きました。
知人宅でも 初めての花が咲いたそうです。
今年の気候が 紫陽花には 合っていたのでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (295)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (133)
体の事 (23)
食の事 (85)
運動 (5)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (9)
毎日の事 (87)
息子の事 (47)
家族の事 (25)
過去の事 (85)
花 (11)
植物 (6)
孫の事 (37)
ある日の事 (74)
今日の事 (280)
お友達の事 (6)
昨日の事 (116)
最近の事 (163)
今日 昨日の事 (28)
仕事の事 (20)
地元ネタ (18)
家の事 (38)
今日 明日 (1)
玄米菜食 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR