FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2012/12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

(^O^)笑って アンチエイジング(^O^)


フェニックス
永遠の時を生きるという伝説上の鳥
7d3b4507_0032741.jpg
数百年に一度、
自ら香木を積み重ねて火をつけた中に飛び込んで焼死し、
その灰の中から再び幼鳥となって現れるという。

最近になって
ベニクラゲと言う1㌢にも満たない
小さなクラゲが不老不死であると発見されたそうです。
フェニックスは、
決して伝説上の鳥ではないのかも知れませんね。


「不老不死」は 古くから続く永遠の夢として
人々を惹きつけています。
医学や生物学の中で
「不老不死は可能か?」と言う研究も続けられているようです。

人間も科学技術の発展により
人工臓器に置き換えて
長生きが出来るようになって来ましたが
脳だけは、人口脳に置き換える事が出来ず
現在の所 脳の若返りは不可能だそうです。

仮に可能であっても
おばさんは、「不老不死」は望んでません。
限りある命だから 毎日を大切に生きる事が出来るので
何時までも続く命なら 粗末にしてしまいそうです。

いつまでも若く 長生きはしたいと思っています。
これは、誰もが願うことでしょう。
横文字にすると「アンチエイジング」ですね。

おばさんの住む市内で開業して居られた
内科クリニックの先生が
「不老不死」をもじって「遅老遅死」と名付けられました。
(特許庁に四字熟語の申請をされたら許可が下りたとか・・)

残念ながら この先生は若くして亡くなってしまわれました。
医者の不養生でしょうか(笑)

「アンチエイジング」のポイントは
1、血管年齢を若く保つ
2、腸管年齢を若く保つ
3、ストレスをためない

血管を若く保つことで
脳梗塞 心筋梗塞が予防できます
腸管年齢を若く保つことで
免疫力を高め ガンを防ぎ 動脈硬化の予防になります。
ストレスは 動脈硬化 免疫力低下 どちらも引き起こすので
ストレスをためない事が 元気で長生きの鍵を握っています。

今の医学レベルでは
人間の寿命は 120歳説が有力だそうです。

120歳まで元気で長生きするには
私達の命を脅かす敵を知らなければなりません。

日本人の死因の第1位は ガンで約30%
第2位は、心筋梗塞などの心疾患約16%
第3位は、脳血管疾患で 約12%

ガンにならない 動脈硬化を起こさないことで
大多数の敵から逃れる事が出来ます。

体内では毎日数千個のガン細胞が出来ています。
しかし 私たちの体内にあるリンパ球と言う
血液細胞の一種が、ガン細胞を殺してくれるので
ガンが発症しません。

ところが、強いストレスや老化によって
リンパ球の働きが低下することで
ガン細胞が生き残り
私たちの体をむしばむのです。

「いつもニコニコ、笑う門にはガンは来らず」です。


ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(゜´▽`゜) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、


にほんブログ村



にほんブログ村



にほんブログ村


スポンサーサイト




 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (285)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (124)
体の事 (18)
食の事 (84)
運動 (2)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (9)
毎日の事 (87)
息子の事 (47)
家族の事 (23)
過去の事 (83)
花 (10)
植物 (6)
孫の事 (34)
ある日の事 (71)
今日の事 (262)
お友達の事 (6)
昨日の事 (107)
最近の事 (134)
今日 昨日の事 (19)
仕事の事 (19)
地元ネタ (17)
家の事 (36)
今日 明日 (1)
玄米菜食 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR