FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2012/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

術後の説明



「びっくりした~~!」
息子の最初の言葉でした。

見せられたのが手術中の動画数分間
最近は 医療事故の証拠にもなる動画のようです。

「テレビでやってるように
 お腹を鉤で広げるんだね。
 切除する箇所をこれとこれって
 ピンセットみたいなので持ち上げて。
 お腹の中って 意外と綺麗なんだよ。」

先生の予想通り 卵巣とその周辺は、炎症が起きていて
癒着していましたので お腹の中を洗浄したそうです。
それで思いのほか時間がかかったようです。

盲腸も化膿していて、
急きょ外科の先生を呼んで来て盲腸も取ったそうですが、
初めて知った事。
婦人科の先生は婦人科だけ、
外科の先生は外科だけの手術しか出来ない事です。

そうなんだ!!


「摘出した物を見ますか?」と聞かれたんで
「見ます」と答えた・・と。


  「そうだね。○ちゃん達の故郷だもんね」とおばさん。
   息子達は 何を言われたのかわからない様子でした。
  「生まれる前は そこに住んでたんだから」とおばさん。
  (子宮のことです)
   納得したように少しはにかみ笑いしました。


先生は タッパー(息子の説明です)を持つてきて
見せてくれたそうです。
息子は、これくらいと 手を丸めて 量を示しました。

摘出したものを すぐに簡易病理に出したが
悪性ではなかったと説明されたそうです。
初診の時の血液検査の腫瘍マーカーの結果通りだったようですね。
何の菌か これから特定しますが 特定出来ない雑菌と言う事もあります。
菌によっては 長期的に抗生剤を飲むことになるとも聞きました。

息子達は 思った以上に元気なおばさんと
先生の 懇切丁寧な説明と癌で無かった事に安心したようです。

息子達が帰った後
硬膜外麻酔のお陰か 傷の痛みも違和感もなく
寝がえりの打てない辛さだけと戦っていました。

テレビを見るにも顔だけ横を向かないと見れないので
首が痛くて 背中が凝ってきました。

この日は 夕食もなく ただ寝てるだけ。
看護師さんが 背中に当てるクッションを
持って来てくれて 左右には動く事が出来ました。

尿導管 ドレーンの袋 硬膜外麻酔のチューブ 点滴
こんな物に繋がれていて どちらを向いても
邪魔で 身動きが取れないで居ました。

さすがのおばさんも
この夜は 眠れなくて 11時頃までテレビを見ていました。
1時と3時の看護師さんの見回りの時も
ラジオを聴いていましたので
「眠れないの?」と聞かれました。

昼間でも寝たい時に寝られるので
夜中に寝れない事は 苦になりませんでしたが
人間の体は不思議ですね。
疲れてくると 自然に寝てしまうものです。
ラジオを聴いてるうちに眠ってしまいました。



にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト




 | HOME | 

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (299)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (135)
体の事 (23)
食の事 (87)
運動 (5)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (18)
怖い話 (9)
毎日の事 (87)
息子の事 (47)
家族の事 (25)
過去の事 (86)
花 (11)
植物 (6)
孫の事 (40)
ある日の事 (75)
今日の事 (285)
お友達の事 (6)
昨日の事 (118)
最近の事 (174)
今日 昨日の事 (28)
仕事の事 (21)
地元ネタ (19)
家の事 (38)
今日 明日 (1)
玄米菜食 (1)


フリーエリア


FC2 ランキング


リンク



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR