FC2ブログ

夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2019/01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

気になる事

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

孫の呼び方で 気になる事がある。

Sちゃんは、「さ〇」と2文字の名前。
私は、「さ〇ちゃん」とフルネームで呼んでいる。

両親は「さ〇」と呼び捨て
これは、親だから良い。

Yさんのお母さんつまりSちゃんにとっては
おばあちゃんは、私と話す時も
お手紙に書いて来るときも
「さ〇」と呼び捨てである。

親しみを込めてそう呼んでるのだとは思うが
私にとっては、あまり良い気がしていない。

外孫だからとか内孫だからとか
そんな古めかしい事を言ってる訳では無い。

私は、子どもの頃
両親からも親戚の叔父さん叔母さんからも
「〇子ちゃん」と愛称で呼ばれてきた。
呼び捨てにされた記憶が無い。

その影響だと思うが
私は、息子達を 
長男は「〇君」
真ん中息子は「〇ちゃん」
末息子は「〇ー君」

「君」と「ちゃん」の区別は、語呂の良さからで
差別してる気は無い(笑)
叱る時も 呼び捨てにした事は無いと思う。

お嫁さんに話す時とお友達に話す時は
もちろん 呼び捨てであるが
息子達が良い年齢のおじさんになっても
本人を呼ぶ時に、この呼び方は変わってない。

呼び捨てに慣れてないから
そう思うのかも知れないが、
私にとっては、気分の良くない呼び方に
感じてしまう。

私って心が狭いのだろうか
(*´Д`)=3ハァ・・・




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ


スポンサーサイト

子供の立場になって!

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

Sちゃんが歩くようになって
お誕生祝いに 両親から靴を買って貰った。
ファーストシューズ
ブルーの小さい可愛い靴

この靴を履いて、我が家の近くに来ると
「角を曲がりました。お迎えに来てね」
Yさんからメールが入って
私は、玄関の外で、お迎えをする日が続いていた。

家の中で歩くのとは違って
靴を履いて、歩く姿が 可愛くて、可愛くて
外で、お迎えするのが楽しみでした。

お正月近くなって、
2か月で、その靴は、小さくなり、
履かせると つま先がきつそうです(>_<)

クリスマスプレゼントに
靴を買ってあげようと思ったが
靴は、履かせてみないと買えないので
私は、コートを買ってあげた。
今までは、抱っこだったので
コートは、あまり必要では無かったからです。

そして、お正月に 両親はまた靴を買いました。
新年のご挨拶に来た時
新しい靴を履いて来ましたが
それを見た時 私は
この靴・・(>_<)履き難そう(>_<)
そう思ったのです。

靴底が硬くて つま先も少し広く
歩き難いと思えました。
靴好きな私の感覚は、間違ってない
v(=∩_∩=)ブイブイ!!

思った通り、この靴になってから
外では、1歩も歩かなくなった(>_<)
お迎えに出ても、「おばあちゃん来てよ」と
言ってるように、手を出すだけで
歩いて来なくなってしまいました。
(ノc_,・;)ハア・・

外へ行っても抱っこをせがむばかり(^^ゞ

これは、きっと靴のせいだと
昨日 デパートへ行った時
ベビー用品売り場に寄って
色々な靴を履かせて、見ました。

Yさんは、布製だと濡れるからとか
デザインで、靴を見ていましたが
違うって!!
靴は、履き心地だよ(^^ゞ

もちろん デザインも重要だけど(*^。^*)

まだ自由に歩き回らないのだから
濡れる所には、降ろさなければ良い。

この靴だって、そう長期間履けないのだし・・

ある靴を履かせてみたら
歩くじゃないですか

「あ 歩いた!歩いた!」
Yさんは、喜びましたが
私にすれば、当然でしょう。
歩き難い靴を履かされてたんだものね。

大人の都合で 夜 外食に連れて行く事も
あるけれど、出来る限り
子供の立場になって考えてあげたいと思う
出来事でした。




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



性格は、いつ作られるの?

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

夫は、2泊3日の 人間ドッグの為
東京へ行った。

こんな長期のドッグってどんなに細部まで
調べてくれるのだろう。

お蔭で 日曜日の夕方から
夕食を作る必要が無くなった。

「平成最後のビッグイベント」
そんなコンセプトで3日連続で
末息子家と外食をした(笑)

1日目の日曜日は「もつ鍋」
2日目の月曜日は何でも食べられる「居酒屋」
3日目の火曜日は 元お蕎麦屋さんがやってる「お料理屋さん」

大人だけなら もっと違った選択肢も有ったでしょうけど
Sちゃんが居るので、個室や小上がりのあるお店
Sちゃんが食べられる物が有るお店

歩き回るようになったSちゃんが居ると
お鍋や焼肉を食べるのは難しい
ε-(;-ω-`A) フゥ…
「もつ鍋」は、Yさんと私がガードしながら(^^ゞ

最近のSちゃんは、こちらの言う事は
かなり理解し、要求した通りにやってくれるようになった。

その反面、自己主張も強くなって
思い通りにならないと 怒る
^( ̄□ ̄#)^ψむき~(怒)
今日も、Yさんの使ってるお箸が欲しくて
それが貰えないからと、
自分のお皿とスプーンを投げて
Yさんから、お手々ペンペンされた。
v( ̄∇ ̄)ニヤッ

泣くかと思えば 更に怒って
眉間に皺を寄せていた。

両親は、こんな子に育てた覚えはないと言うが
性格は、いつ出来上がるのだろう

証拠写真を撮って置きたいと思うけれど
携帯が大好きで、カメラを向けると
側に寄って来てしまって、
隠し撮りしか出来ない

そのうち この感情豊かな顔を
撮って、アップしたいと思って居ます。




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



クララになれなくても

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

アニメ「アルプスの少女ハイジ」
1974年に放送されたと言うのだから
一昔 二昔前のアニメだ。

何回見ても、
涙を流したり、心を痛めたり、
心が楽しくなったりした。

アニメ全般に言われる事だが、
このオープニングテーマ「おしえて」を見て



「あの ブランコは、どこから吊られているのだろう」
「なぜ 裸足なの」

そんな投稿をしてる人も居ますが
これは、夢の世界と思えば良いのにね。
アニメは、そんな物でしょう。

最近では、某学習塾のCMにも使われている
そう・・ゼーゼマンさんが出て来ますね。

ある日の事 このCMが流れて 
私が言った。
「Sちゃんは、クララのような
 おしとやかなお姉さんになるかしら」
すかさず Yさんが
「どう考えても ハイジでしょう」
(^m^ )クスッ

40464.jpg

最近は、お転婆ぶりを発揮して、
登ったり 転がったり
私達は、アスレチックの遊具のように扱われている。
(≧∇≦)キャー♪



thumb_d92c73d1fc0aba2c574a691dbad7974c.jpg

今日の新聞に
市内の乳児院の記事が載っていた。

職員が 退所した子供達宛ての
手紙を書いて 金庫に保管しているそうです。
親の病気や経済的理由 虐待などの理由で
家庭で暮らせない子供達が数年を過ごし、
退所後、成長して、幼少期の暮らしを知りたく
訪ねて来た時に 
「ここで幸せに生活した証し」を残したいと。


thumb_d92c73d1fc0aba2c574a691dbad7974c.jpg



それを読んで
両親の愛情をいっぱい受けて
従姉弟のRちゃんKちゃんに可愛がられ、
伯父さん 伯母さん おばあちゃんも居る
あまり係らないが、おじいちゃんも居る(^^ゞ
そんなSちゃんの幸せを思った。

クララになれなくても、
ハイジのように元気な子で十分
♪(゚▽^*)ノ⌒☆




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ




大好きな事  大嫌いな事

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

最近のSちゃんは、
おばあちゃん大好き

我が家の玄関を入り 
「Sちゃん おはよう」と声をかけると
抱っこされたまま 手も足もバタバタと
喜んでくれる。

部屋に上がって、Yさんと話していると
這って来て 膝に這い上がって
ちゃっかり 座っている。

Yさんに抱かれていても
「おいで」と言うと 
手を出して、来てくれる。

おばあちゃん冥利に尽きる(*^。^*)

特別に面白い事をやったり、
媚を売ったりもしていないし、
変顔をした記憶も無い(笑)

これは、お母さんであるYさんが
心を開いて 私に接してくれるのが
Sちゃんにも安心感を与えているのだと思う。

抱っこしていると
たまに振り返って
私の顔をジーっと見る
その時は、どうした訳か笑わない。
「な~んだ おばあちゃんか」
そんな風に言ってるように見える。

まだ 話せない赤ちゃんの心は分からないが(^^ゞ

Sちゃん相手に 話していると
急に 笑いのスイッチが入るのか
大喜びになることがある。

どんな時なのか
それも分からない。



この前 分かった事

Sちゃんは、風船が怖いらしい(>_<)
配置薬交換のおじさんから
風船を貰った。

膨らませて、遊んであげようしたら
目をシバシバさせて、泣き始めた。
風船は、初めてなので
割れて 驚いたこともないのに(>_<)

DSC_2042.jpg


Yさんが「そう言えば、紙風船も嫌がったの」

どこが嫌なんだろう。
赤ちゃんの気持ちは、分からない(笑)

少しづつ 言葉も理解出来るようになって、
バイバイとイヤイヤが出来るようになった。
バイバイは、帰る時に出来るが、
「お煎餅食べる?」
イヤイヤをしながら手を出す。

まだ言葉と行動が一致してない(笑)

自分の子育ての時は
必死だったので、ここまでの成長を
ゆっくり味わう事も出来なかったが
孫からは、大きな喜びを与えられている。





最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



おばあちゃんの代筆

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

ゴールデンウィーク
みなさま どのようにお過ごしですか

6か月半を過ぎた私

DSC_1845.jpg


たまに、男の子に間違えられるので
お母さんは、スカートを穿かせています(^^ゞ
そして、カメラを向けられると
笑えないのです。寄り目になっちゃうし・・(笑)

下の歯が 2本可愛く生えて来て
おっぱいを飲む時 思わず噛んでしまうのです(^^ゞ

お母さんが、「痛いよ 痛いよ」と言うと
話しかけられたと思って
「キャキャッ!」と笑うんです。
いけない子でしょうか?

離乳食も始まって
お父さん お母さんに似て
食べ物は何でも大好き。
もっともっと
口が先に 出てしまいます(笑)

トマトとイチゴは、
酸っぱくて、震えて 顔をしかめると
その顔が、面白いと
お母さんとおばあちゃんは、笑いが止まらなく
いつまでも 笑っています。

だから、何回も食べてあげています。
良い子でしょう(*^。^*)

「パパ パパ」」と言えるんですが
私の家は「お父さん」なので
返事をしてくれません(^^ゞ

そのうち「お父さん」と呼ぶから
返事してね。

今日は、私 Sちゃんからの
お話でしたが
パソコンは、使えないので
おばあちゃんに書いて貰いました。
v(。・ω・。)ィェィ♪




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



久しぶりの登場です

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

暖かくなったり 寒くなったり
目まぐるしい 気温です。
(*´Д`)=3ハァ・・・
もうすぐ 桜も咲く季節なのに・・

今日は、久しぶりに
孫のSちゃんに登場をお願いしました
ヾ(´▽`*;)ゝ"

DSC_1728.jpg

5か月になりました。

寝転んで、自分の足で遊んで居ます。
もうすぐ 寝返りが出来そうです。

DSC_1725.jpg

カメラを向けると
なぜか・・笑わない
動きも止まってしまう。

おむつ替えの時に、こうすると 
「お手伝い ありがとう」と
お母さんに褒められるので 
言葉が 分かっているのか・・
(そんな訳ないけど)
喜んで もっともっと
足を掴んで 足上げをしています(*^。^*)

足遊びをさせると 大喜びなので
大きくなったら、
足を使うスポーツが良い

サッカー?陸上?

親の希望で、何かをさせるのは
親のエゴ 
色々な事に接するチャンスを与えて
興味を持った事をさせるのが良いと思うが
親の興味にも限界があるので
子育ては、難しい (。-`ω-)ンー

今は、そんな先の事より
お母さんのお膝大好きです。

DSC_1724.jpg

小さな お姫様

親との信頼関係を作る時期でしょう。
もちろん おばあちゃんとも(*^。^*)

なぜか・・おばあちゃん家が大好きで
家では、抱っこの要求ばかりしてるそうですが
大人しく 遊んでくれます。

きっと ホットカーペットの
暖かさが、心地よいからでしょう(*^。^*)

DSC_1726.jpg

これは、おばあちゃん家に置いてあって
ここでしか遊べない玩具
お気に入りのようです。


先月から、Yさんの仕事のお手伝いが
再開されました。
まだ、這い這いや歩きで 動いて行かないので
助かっています。

そのうち 追い掛け回すのに手が取られ 
仕事どころではなくなると思います。
┐(´ー)┌フッ




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



心が発達したんだね

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

お菓子の上に振る粉砂糖のような 
雪が降る朝

DSC_1617.jpg


この雪は、積もらない雪だと思う。

希望的観測でなければ良いなぁ。
(●´▽`)ナハハ



歌う子供



孫のSちゃんは、4か月になり
最近、 人見知りが始まった。
少し 早いかなと思うが
成長の過程だから、時期には関係ない。

1週間に1度は、
会いに行ったり
我が家に来たりしている。

最初は、顔に穴が開くかと思うほど
ジーッと見つめられる。
(*´pq`)クスッ

ニコリともしない。

これ・・誰だっかな
知っている人だよね
確認するように。
(●´艸`)フ゛ハッ

記憶を手繰り寄せようとしている感じだ。
ややしばらくすると
笑顔が出て、ご機嫌になる。

話しかけると それに反応しながら
可愛い笑顔を見せてくれる。
☆^▽^☆

お母さんの方を向いて抱っこすると
ガラガラを持って振り回したり
良い子で 遊んで居るが、
こちらを向けると泣き顔になり始め
ゥェ―。゚゚(ノ´д`ヾ。)゚゚。―ン
大泣きをする。

お母さんの顔が見えなくなるからだ。

Yさんは、気にするが
これは、お母さんを認識し始めた
成長なので、喜ぶべき事

Rちゃんも Kちゃんも
この頃には、泣いていたよ




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



もうすぐ 桃の節句  初節句

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

ひな祭りが近い。

Sちゃんにとっては 初節句

〇〇子さんから
(Yさんのお母さんの事)
おひな様を買ってあげたいとの
申し出があったが、今のアパートは狭い

おひな様を飾ったら
家族が 外で生活をしなければならない
(★ ̄∀ ̄★)にやりッ☆

家でも建てたら買って!と言ったそうです。

初節句に 何も無いのは
少し 寂しいと

おひな様飾りのキットを買って
手作りした。

DSC_1596.jpg


このキットは、
説明書を読めば、出来るように
カットもしてある。
(普通 そうでしょう)(笑)

おひな様を飾るのは、
立春 雨水が良いと言う事で
今年は、立春が2月4日で、
雨水は、18日だそうです。

出来上がった。

DSC_1598.jpg


写真では、不器用さが見えなくて
良かった~(笑)

並行して、よだれ掛けも
3枚目が出来た。

DSC_1600.jpg


私の母は、洋装店に勤務していたので
私や姉や妹は 子どもの頃
洋服は、すべて母の手作りであった。

そんな母に育てられた私は、
細かい作業は、苦手だが、
お裁縫は出来る 門前の小僧である。

大きくなって いつの間にか
着なくなってしまったが
息子達が、子どもの頃は
手作りの洋服 編んだセーターを着せていた。

小学校の入学式の
背広は、1着作って 3人に着せたので
安上がりだった。

しかし、
よだれ掛けは、小さくて 細かい作業なので
洋裁というより 小物作りのようで
かなり苦手な 範囲の作業だが
孫の為に作るとなると
苦手が、どこかへ消え去ってしまう。
(o^^o)ふふっ♪

不思議な事だ。
ヾ(@^▽^@)ノわはは





最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



いつでも 逃げておいでね

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

孫の躾について
前から思っていた事
最近 思った事があった。

以前、お嫁さんであるM子さんの
子ども達に対する躾は、
厳しすぎるのではないかと思っていた。

Rちゃんが2歳の頃だと思うが
その頃 M子さんの躾は
食卓で 普通に食事中にこぼす事には
お咎め無しだが
遊んだり 立ったりしてこぼした時は
叱られていた。

ある日 Rちゃんが食事中
立って 牛乳をこぼした。
とっさに、
「ごめんなちゃい。ごめんなちゃい。」
幼い言葉で謝っていた。

こぼしたくらいで
こんなに謝るのは可哀そうと
思ったおばあちゃん。

また、ある日
息子とKちゃんが我が家に来た。
やはり2歳頃だと思う。

氷を取りにキッチンへ来ようとしたKちゃんが
コップのお水をこぼした。
その場に しゃがみこんで
身動きしないKちゃん(>_<)

「あらら~こぼれちゃったね」と
雑巾で拭く間も 身動きしない。

いつもこぼすと叱られてるのだなと思った。
こんな状態では、萎縮してしまうのでは
無いだろうか(>_<) 心配でもあった。

あれから3年ほど経ったが、
萎縮もしてない
明るい元気いっぱいの孫たち。

この前の お正月ランチでも
食事が終わるまで
ちゃんと座って 食べ終えた。

もう小学生と5歳だから
当然だろう。

そして、自分の使った食器を
キッチンに下げた。

この前、我が家に来たKちゃんが
私の食器も下げてくれた話をすると、
「成長したんだね(*^。^*)」

最近は、おしゃべりして遅くなる事が有るので
自分が使った食器は自分で下げる。
最後になった人が、
共通な物(お醤油差しやお箸立て)を片づけて
テーブルを綺麗にする。
そのような約束であると言う。

それで、あの日の事に納得がいった。

M子さんは、決して厳しいお母さんではない。
子どもと一緒に ゲームに興じて、
騒いでいる、お母さんである。

その他の時に、十分な
愛情を注いで居れば、
小さい頃から年齢に応じた躾は
厳しすぎるほどで良いのだと思った。

子どもだった息子達には
きちんとした躾けが出来たかどうか
疑問に思う事しきりであり,
長男が 靴を脱ぎ捨てると
「〇〇君 お靴が・・」
赤面の至りである おばあちゃんだ(^^ゞ

お正月 息子達一家が
我が家に来て、帰る時

孫二人が 玩具を片づけ始めた。

その時 息子が声をかけた。
「来た時よりも美しく!だよ」

この言葉は、誰の言葉か分からないが
公園に書いてあったり
ボーイスカウトや海洋少年団などで
言われてるようだ。

「綺麗に片付けなさい」と言う命令調や
「綺麗に片付けましょう」のような促進調より
柔らかく、美しい躾け言葉だと思った。

もしかして・・・
息子も このお嫁さんに躾けられたのかも知れない
(∩.∩)にんまり

このように躾けられた孫たちに
おばあちゃんは、安心して 思いっきり
甘やかす事が出来ると安堵している最近。

おばあちゃんは、甘すぎる!と
言われているが、
親の干渉がうるさくなった時
いつでも 逃げておいでね(*^。^*)




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



 | HOME |  »

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (236)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (104)
体の事 (16)
食の事 (66)
運動 (2)
愚痴 (9)
ちょっと一息 (24)
心の事 (15)
怖い話 (6)
毎日の事 (84)
息子の事 (44)
家族の事 (22)
過去の事 (77)
花 (8)
植物 (6)
孫の事 (25)
ある日の事 (67)
今日の事 (214)
お友達の事 (5)
昨日の事 (76)
最近の事 (102)
今日 昨日の事 (15)
仕事の事 (11)
地元ネタ (16)
家の事 (29)
今日 明日 (1)


フリーエリア


温むすびhttp://www.onmusubi.jp/
FC2 ランキング


リンク



ブロとも一覧



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR