夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

収穫感謝

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

秋になって、食べ物が美味しくなった。

涼しくなって、食欲が増したこともあるが、
食材にとっても、生育条件が揃った自然環境で育ち、
良質な栄養分を効率的に摂取することが
出来るようになったからだ。

今朝は、古くから開催されている
朝市へ行って来た。
評判の朝市だったが、
今日は、あまり ぱっとしない市だった。
(´∩`。)グスン

仕方なく、農家持ち寄り市場へ行って
お野菜をたくさん 買って来た。

DSC_0981.jpg


ほとんど 100円から130円
夏には、考えられない値段

シソの実を買って 塩漬けにした。

DSC_0982.jpg

DSC_0985.jpg

シソは、庭に生えるが、
今年は、怠けているので、ほとんど無い(>_<)

芋がらの皮を剥いて、酢水に浸した。

DSC_0986.jpg
 
指先が灰汁で真っ黒になっている。
私の 美しい指先が・・
(●´艸`)フ゛ハッ

秋の食材を眺めていると
学生時代の秋を思い出した。

丘陵に建つ学生寮に住んでいた。
周囲には、自然が溢れていて、
近くには、男子寮もあり
韓国からの留学生が 
寮周辺の空き地に 畑を作り
何種類ものお野菜を作っていた。

秋になると
男女共有の食堂で、収穫祭なる催しが開かれた。

2015-11-18-04.jpg
お借りした画像です。

収穫されたお野菜は、
この食堂で使われた。

トン汁などもあったと思う。
味は、忘れたが・・
( ̄ー ̄)ニヤリッ



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ


スポンサーサイト

懐かしのジュークボックスの思い出。

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

誰しも 歌が嫌いな人は居ないと思うが
暇さえあれば カラオケへ行きたいと思うほど
カラオケに嵌まっている人は どれくらい居るのだろう。

親友S子さんは、カラオケが大好きだ。
時間が出来ると、一人でもカラオケへ行く
ヒトカラと言われてるが。

何十年前に カラオケが 流行った。
その頃は、S子さんと良く通った。
カラオケボックスは、待たされたものだ。

その頃は 私も 子ども達の
学校の役員であって 飲み会などで
カラオケが必要でもあった。

当時やっていた仕事仲間の
飲み会もあり、予習復習を!(笑)

一時 下火になったカラオケブームが
最近 戻ってきて
安価で長時間遊べる カラオケボックスが
混んでいるようだ。

カラオケとは違うが
音楽が出る装置と出会ったのは、
ジュークボックス

ステレオもあったが、
ジュークボックスは、
何とも言えない魅力があった。

ジュークボックス2


まだ、20歳頃
当時のお友達の中に 建築会社の御曹司がいた。
このお家の 家風(?)が自由で
溜まり場になっていた。

そのお家の 一室にジュークボックスがあり
音楽をかけ ワイワイと騒いだ思い出がある。

二階には 旅館のように
廊下に並んで お部屋がたくさんあり
夜遅くなると、泊まっていくこともあった。

朝になると、ご飯まで出た。
ご両親も居られたが 他人が数人で
朝食を食べていても 何も気にしないようであった。

この時が、ジュークボックスにお目にかかった
最初である。

もう、50年くらい昔の事だ。

その後 新潟で就職した職場での
慰安旅行の温泉で ジュークボックスに出会った。

これが2回目ではないかと思う。

そして、カラオケボックスである。
今、私は、
彼女とたまに息抜きに行く程度である。

彼女は、カラオケで 大きな悩みがある。
その話は 次回と言う事で・・



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



私がもう一度 呼んだら・・

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

二日連続で 夏日のように
良く晴れて 暑い日が続いている。

湿度は、それほど高くないので
過ごしやすい。

gatag-00005792.jpg

猫を飼っているお家に行くと
猫の匂いがする。

猫好きな方は、良く分かると思うが
猫独特な匂い ヽ(*’-^*)。

柔らかい 温かい匂いである。

それは、トイレの匂いと言う人も居る
フゥ(o´Å`)=з


我が家の3匹居た最後のネコちゃんが、
お空のお星さまになってから
10年が経つ。

居なくなってすぐには
他の猫を飼う気にはなれなかった。

その後に 猫を飼う話が何回も出たが、
あの子たちの思い出を 思い出として
取って置きたい気持ちが強かった。

そのうちに 猫が居ない生活にも
慣れて来てしまった。

断捨離しようと戸棚を片づけていたら
懐かしい物が 見つかって
思わず ネコちゃんが居た頃の
思い出に浸ってしまった。 

DSC_0749.jpg

3匹のうち
最初に飼ったお父ちゃんネコちゃんが
子どもの頃に付けていた 首輪

裏には、迷子になった時のため
名前と連絡先の電話番号を書いた痕跡が。

DSC_0750.jpg

戸が開けられないネコちゃんたちの為に
開けた穴

DSC_0753.jpg

トイレへの通路

DSC_0752.jpg

(今は、ここにゴミが置いてあるが)

戸を開けようとして、掻いたドアの爪痕

DSC_0755.jpg

爪とぎをした、ベッドの枠

DSC_0754.jpg


これらを見ていると
ネコちゃん達が居た生活を
懐かしく思い出す。

ひっくり返って 可愛い姿を
見せてくれたっけ。

mi18無題


私がもう一度 呼んだら・・

戻って来るわけないよね。
(´‐ω‐)=з フー



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



数年経ってもすっきりしない荷物

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日は、末息子の荷物トラブルを書いたが
今日は、トラブルではなく
笑えるような 笑えないような
不可思議な話。

広島に居た末息子から、
荷物が届いた。大きな透明な衣装ケース
衣装ケース
なんだこりゃ 中身丸見え
o(*^▽^*)o~♪あはっ
それも、中の荷物は ちょっぴり

お友達のお父さんのお葬式に参列するための
喪服と少しの身の回り品
紙袋にでも入れてあれば、良いが
そのまま 

荷物を送るのに、適当な箱が無かったから
収納してあったものを出して、使ったと
勝手に想像してました。

Yさんの不在中に出て来たので
部屋を散らかしてるのではないかと思い
Yさんに電話。

「えっ??衣装ケース? 
  部屋の中何も変わりはないけど・・」

末息子は、他の営業所に寄って来たので
本人が到着したのは、数日後

その数日間 疑問が続いた。
(*´д`)??

ようやく解明出来ると思ったが
「あ~ 会社から送ったから」
何事もないような返事でした。
「なんで 会社から衣装ケース?」
衣装ケースを扱うような会社でもないし・・
更なる疑問で引き下がれません。

会社からなら、段ボール箱でしょう。
会社から 衣装ケース・・・

「まぁ いろいろあるよ」
煙に巻かれて おしまい。
┐(´ー)┌フッ

帰りには、また、その衣装ケースに
荷物を放り込んで 宅急便で送ってました。

その衣装ケースは、会社に戻ったのか!
アパートに置いたのなら、
横領で 訴えられなかったのか!
∵ゞ(´ε`●) ブハッ!!

もう、数年は経っているのに
すっきりしない出来事です。

宅急便やさんは、色々様々な荷物を運んでいるので
慣れて居るとは思うが
苦笑いしながら 届けたのではないかなぁ
(*≧m≦*)プププw





最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



宅急便やさんは、何も悪くないが!荷物トラブル。

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

息子たちは全員
出張の移動時に荷物を持たない習慣がある。

出張の時は、
前もって荷物をホテルに送っている。
帰りも ホテルから家に送って来ている。
まぁ、着払いではなかったので、許していた。

車での出張は、良いが
飛行機で行く 遠くの出張は
空港のあの長い通路を
重いキャリーバッグを引き、
荷物受取の時間が嫌なのであろう。

他の息子たちは、
何事もなく荷物を受け取っているようだが
末息子は、トラブル続きだった。

新潟に引っ越してからは、
遠い出張も ほとんど無く
荷物を送る事から解放された
末息子だが。

一昨年 まだ広島に居る時 
会議で 新潟に戻って来た。

私は、家に居ることが多いので
宅急便の時間指定は要らないはずなのに
何を考えたか 午後7時~8時の時間指定をした。

末息子夫婦は 共稼ぎだったので
夜に受け取る習慣があったのでしょう。

帰宅日の夕食を みんなで外食にしようと決まった。
末息子は、その事を知らないで飛行機に乗った。
夕方7時前 空港に迎えに行き そのまま お店へ

食事中 
「突然ですが・・(^^ゞ 
 荷物が 7~8時に着くんだった」
Σ(´Д`;) うあ゙
時すでに遅し。時間は7時半を過ぎている。

ここで、送り状の控えがあれば
営業所で受け取る変更が
出来たのかもしれない。

家に帰ると 案の定不在連絡票が。 
宅急便のドライバーさん
(*_ _)人ゴメンナサイ

ドライバーの連絡も8時まで
何ともしようがない。

中には 翌日朝礼に着るスーツも入っている
パジャマ 下着類も入っている。

パジャマは、家に置いてあった 着なくなったTシャツ
スエットで 済んだが パンツはお風呂後
そのまま穿いたと思う
(´-ω-`;)ゞポリポリ

コンビニでも下着は買えるが。

翌日の朝のスーツは、間に合わず
(〃´o`)=3 フゥ
幸いジャケットを着て来たので
それで済ませた。みっともなかった(>_<)

スーツは使われずに また、元の広島へ戻った。
急な外食が予定外だったのだが・・
(´ヘ`;)とほほ・・




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



強烈な出来事の記憶

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

先日 叔父さんと話をしていて
久しぶりに
強烈な記憶がよみがえった。

叔父さんのお姉さん
私の叔母さんになる。

母の実家に住んで居た小学校1年生の夏の日
この叔母さんが亡くなった。
まだ20代半ばの年齢だった。

子どもの頃から体が弱く
喘息と心臓に持病があったそうです。

この日 喘息の発作が出て
母が 内科の主治医を呼びに行った。
この医院までの正確な距離は 分からないが
今 思うと2㌔程あったと想像される。

みんなが車にも乗らない時代
母は 走って 先生を呼びに行った。

先生は、なかなか来てくれなかった(>_<)
その間に 叔母さんは亡くなってしまった。

庭に居た私は
おばあちゃん(叔母さんの母親)の
「〇〇子 しっかり・・」と呼ぶ声を
聞いたように記憶している。

母は、再度走って先生を呼びに行ったが
先生の奥さんに
「死んでしまったもの 仕方ないでしょう」と
言われたそう・・・(--〆)

これは、その時聞いたのか その後に母から
聞いたことなのか 分からない。

今の時代であったなら、裁判にでもなりそうな
発言であるが、
その時代は、お医者さんと言えば
先生様 先生様と崇め立てられるような
立場であった。

その医院の名前も 場所も門構えも 
はっきりと 覚えて居る。
奥さんの顔も おぼろげながら記憶にある。

自分が診察を受けたのか
家族に付いて行ったのか
そこまでは、不明であるが。

現代のように 救急車を呼べる時代だったら
亡くさなくても良い命であったと思うと残念だ。

お葬式は、今のように葬儀場ではなく
自宅で執り行われた。

氷でひんやりした部屋に
ユリの花の香りがいっぱいだった。

今でも、ユリの花の香りがすると
この時の事を 鮮明に思い出す。

人の死も良く分からない
子ども心であったが、
強烈な出来事として記憶に残っている。



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



母ちゃんは、偉い

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

孫に振り回される話を書いたが
息子達も やってくれましたよ。

遠い昔の事ですが。

末息子が 2歳頃の事だと思う。

当時は、まだアパートに住んで居た。
トイレの鍵は、ドアノブとは、
別になっているタイプ。

ドアノブと一体型の鍵
ボタンを押す あれ!
万一閉めて 開かなくなっても
外から、ちいさな穴を先端の尖っている物で
突くと、解除される。

ある日 息子がトイレに入って
鍵を閉めてしまった。

「開かない!開かない!」と泣きわめく
外から、落ち着いた声で、
「そこに、カチャとするのがあるでしょう」と言っても
パニック状態の息子は、泣くだけ。

どうしたものか 
(ー`´ー)うーん

幸いなことに このドアには、
四角いガラス窓があった。
その上、もっと幸いな事に
飾り気のないアパートを少しでも 
楽しく過ごそうと、この窓に
ステンドグラス調のシールを貼って居た。

釘と金槌を持って来て
ガラスをそっと割った。

究極の選択だった。

これが、何も貼ってなければ
砕けたガラスが 息子の上に降り注いだでしょう。

シールがあったお蔭で 
ガラスは、シールに付いたまま割れた。
もちろん それは、計算上のことだが
(⌒_⌒; タラタラ

ガラスを取り除いて、イスを持って来て
窓から、身を乗り出し カギを開けた。

その後 当たり前だが、ガラスを入れて貰ったが
その記憶はない。

ガラスにまつわる話は、
長男にもある。

同じアパートの子ども部屋での事

当時 子ども達に人気のあった
「ゴレンジャー」
「俺 アカレンジャー・・とう!」
飛んだり 跳ねたり・・遊んでいた。

長男がキックした足が ガラス戸に当り
ガシャン 

もちろん ガラスは割れたが 長男の足も割れた(>_<)

ちょうど生命保険会社のおばちゃんの訪問中で
この方達に 下二人の息子の世話と留守番を頼んで
外科へ連れて行った。
顔見知りのおばちゃんで助かった。

2、3針縫うだけの怪我だった。

思い起こせば、こうして 様々経験して
3人の子育てをしてきたのだな
母ちゃんは、偉いよ

自分で言うか!!(笑)



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



ポインセチア シクラメンが咲く頃の事

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

「イクトピア食花」

IMG_1963.jpg

我が家の 近くに
食と花をメインテーマにして、
様々な体験と交流ができる複合施設があります。
「食育・花育センター」
「こども創造センター」
「動物ふれあいセンター」
「マーケット レストラン」などがあり、
四季折々の花の咲くお庭があったりします。

そろそろ、チューリップが咲き始めていると思う。

良く行く「キラキラマーケット」も
この施設の中に有ります。

ポインセチア シクラメンが咲く頃
(ずいぶん前の話だね)(^^ゞ

DSC_0231.jpg

孫たちとこの施設へ遊びに行って来た。

イクトピア

孫たちは、
お花を眺めるより 
料理体験ゲームや食事バランスチェックなど楽しめる
体験展示コーナーが大好きである。

花より団子
( ´∀`)ケラケラ

このコーナーのあちこちに
質問の紙が貼ってあって、
正解の下に書いてある文字を繋げると
文章が出来上がる。

ある質問の場所に行って、
Rちゃんは、大笑いしながら
「おばあちゃん 早く来て!」と呼んでいた。

行ってみたら・・
この質問

DSC_0230.jpg

こんな質問に笑い転げるほど
子どもらしい 孫たちが、
本当に愛おしく思った。

その後は、外に出て
アルパカにエサをやった。

48585bc6-s.jpg

少し寒い日だったけれど、
楽しく遊んだ 冬の日

春になったら また来ようね。と約束しながら
春になったのに まだ行けてない。
(o´д`o)=3



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



お弁当の話

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

もう。お弁当を作らなくなってから
何十年も経つ。

illustrain01-obentou02.png

3人の息子たちが 中学高校時代は、
毎朝 3個 作っていた。

みんな 運動部に入っていたので
相当大きな お弁当箱が 必要だった。

ご飯の入れ物と、おかず入れが別で
おかずは、12種類入れていた。

今でも、
「あの頃のお弁当は、ボリュームあったよね」
懐かしんでくれているようだ。

このような力の入ったお弁当を作るのには、
嬉しい思い出があったからだと思う。

小学校は、給食で
運動会 遠足だけ お弁当

illustrain01-obentou02.png

運動会から帰ってきた末息子
「今日のお弁当美味しかったよ」

これって 嬉しい言葉ですね。
(*^ー゚)v ブイ♪

夕食の準備で、キッチンに居る所まで
押し掛けてきて
「今日のお弁当美味しかったよ」
また言いました。

その後 
「しつこいようだけど、今日のお弁当美味しかったよ」

illustrain01-obentou02.png

今、毎日お弁当を作ってるYさんに
この話をしたら、
末息子に 「そうだったんだってね。」と
話したそうだ。

末息子は「可愛い~~」と言った(笑)
過去の自分に・・

その翌日 末息子は、Yさんに
「今日のお弁当美味しかったよ」と言ったそう・・

そう言って欲しくて言ったんじゃないのに・・
Yさんは、いたく恐縮したそうです(^^ゞ

末息子は、
まだ自分が可愛いと思っているんだろうか
(^m^ )クスッ




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



あの日の続きを・・・

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

怪我をする前日
「不思議な空間」へ行った事を書いたが
本来の目的地へ向かった。

ここで、その先の事が
途切れてしまった。

少し時間を戻そう。
目的地は、
「ストックバスターズ」と言う場所だった。

slide06.jpg

ハウスウェア、キッチンウェアを生産する
燕市の地元工場直結型の
アウトレットショップです。

slide03.jpg

工場で発生したちょっと傷物、カラーが揃わない商品などが
50%~90%OFFで売られている。

slide02.jpg

廃棄処分したり、在庫を抱えたりするなら
お客様に格安で提供しようと言うお店である。

店内には、その辺のホームセンターの
何倍もの 製品が 並んでいる。

slide01.jpg

もちろん すべて新品

ここで、
壊れかけて 買おうと思っていた
キッチンバサミ マッシャーを買った。

DSCF6867.jpg

怪我して 記憶が飛んだのか
(。・ε・`。) ぷ。
正確な値段は、忘れたが
両方とも 50円位だったと思う。

もしかして・・20円だったかも

それほど、安かったと言う事

得した気分だったのに
翌日からの医療費で、
得した気分が吹っ飛んだ(>_<)

ここへ行った事と
怪我したことは、
何の因果関係も無いけれど。
(●´艸`)フ゛ハッ



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



 | HOME |  »

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (197)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (79)
体の事 (14)
食の事 (43)
運動 (2)
愚痴 (8)
ちょっと一息 (23)
心の事 (14)
怖い話 (6)
毎日の事 (82)
息子の事 (38)
家族の事 (17)
過去の事 (55)
花 (7)
植物 (4)
孫の事 (12)
ある日の事 (63)
今日の事 (123)
お友達の事 (2)
昨日の事 (37)
最近の事 (59)
今日 昨日の事 (9)
仕事の事 (5)


フリーエリア


温むすびhttp://www.onmusubi.jp/
FC2 ランキング


リンク



ブロとも一覧



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR