夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

強烈な出来事の記憶

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

先日 叔父さんと話をしていて
久しぶりに
強烈な記憶がよみがえった。

叔父さんのお姉さん
私の叔母さんになる。

母の実家に住んで居た小学校1年生の夏の日
この叔母さんが亡くなった。
まだ20代半ばの年齢だった。

子どもの頃から体が弱く
喘息と心臓に持病があったそうです。

この日 喘息の発作が出て
母が 内科の主治医を呼びに行った。
この医院までの正確な距離は 分からないが
今 思うと2㌔程あったと想像される。

みんなが車にも乗らない時代
母は 走って 先生を呼びに行った。

先生は、なかなか来てくれなかった(>_<)
その間に 叔母さんは亡くなってしまった。

庭に居た私は
おばあちゃん(叔母さんの母親)の
「〇〇子 しっかり・・」と呼ぶ声を
聞いたように記憶している。

母は、再度走って先生を呼びに行ったが
先生の奥さんに
「死んでしまったもの 仕方ないでしょう」と
言われたそう・・・(--〆)

これは、その時聞いたのか その後に母から
聞いたことなのか 分からない。

今の時代であったなら、裁判にでもなりそうな
発言であるが、
その時代は、お医者さんと言えば
先生様 先生様と崇め立てられるような
立場であった。

その医院の名前も 場所も門構えも 
はっきりと 覚えて居る。
奥さんの顔も おぼろげながら記憶にある。

自分が診察を受けたのか
家族に付いて行ったのか
そこまでは、不明であるが。

現代のように 救急車を呼べる時代だったら
亡くさなくても良い命であったと思うと残念だ。

お葬式は、今のように葬儀場ではなく
自宅で執り行われた。

氷でひんやりした部屋に
ユリの花の香りがいっぱいだった。

今でも、ユリの花の香りがすると
この時の事を 鮮明に思い出す。

人の死も良く分からない
子ども心であったが、
強烈な出来事として記憶に残っている。



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ


スポンサーサイト

母ちゃんは、偉い

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

孫に振り回される話を書いたが
息子達も やってくれましたよ。

遠い昔の事ですが。

末息子が 2歳頃の事だと思う。

当時は、まだアパートに住んで居た。
トイレの鍵は、ドアノブとは、
別になっているタイプ。

ドアノブと一体型の鍵
ボタンを押す あれ!
万一閉めて 開かなくなっても
外から、ちいさな穴を先端の尖っている物で
突くと、解除される。

ある日 息子がトイレに入って
鍵を閉めてしまった。

「開かない!開かない!」と泣きわめく
外から、落ち着いた声で、
「そこに、カチャとするのがあるでしょう」と言っても
パニック状態の息子は、泣くだけ。

どうしたものか 
(ー`´ー)うーん

幸いなことに このドアには、
四角いガラス窓があった。
その上、もっと幸いな事に
飾り気のないアパートを少しでも 
楽しく過ごそうと、この窓に
ステンドグラス調のシールを貼って居た。

釘と金槌を持って来て
ガラスをそっと割った。

究極の選択だった。

これが、何も貼ってなければ
砕けたガラスが 息子の上に降り注いだでしょう。

シールがあったお蔭で 
ガラスは、シールに付いたまま割れた。
もちろん それは、計算上のことだが
(⌒_⌒; タラタラ

ガラスを取り除いて、イスを持って来て
窓から、身を乗り出し カギを開けた。

その後 当たり前だが、ガラスを入れて貰ったが
その記憶はない。

ガラスにまつわる話は、
長男にもある。

同じアパートの子ども部屋での事

当時 子ども達に人気のあった
「ゴレンジャー」
「俺 アカレンジャー・・とう!」
飛んだり 跳ねたり・・遊んでいた。

長男がキックした足が ガラス戸に当り
ガシャン 

もちろん ガラスは割れたが 長男の足も割れた(>_<)

ちょうど生命保険会社のおばちゃんの訪問中で
この方達に 下二人の息子の世話と留守番を頼んで
外科へ連れて行った。
顔見知りのおばちゃんで助かった。

2、3針縫うだけの怪我だった。

思い起こせば、こうして 様々経験して
3人の子育てをしてきたのだな
母ちゃんは、偉いよ

自分で言うか!!(笑)



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



ポインセチア シクラメンが咲く頃の事

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

「イクトピア食花」

IMG_1963.jpg

我が家の 近くに
食と花をメインテーマにして、
様々な体験と交流ができる複合施設があります。
「食育・花育センター」
「こども創造センター」
「動物ふれあいセンター」
「マーケット レストラン」などがあり、
四季折々の花の咲くお庭があったりします。

そろそろ、チューリップが咲き始めていると思う。

良く行く「キラキラマーケット」も
この施設の中に有ります。

ポインセチア シクラメンが咲く頃
(ずいぶん前の話だね)(^^ゞ

DSC_0231.jpg

孫たちとこの施設へ遊びに行って来た。

イクトピア

孫たちは、
お花を眺めるより 
料理体験ゲームや食事バランスチェックなど楽しめる
体験展示コーナーが大好きである。

花より団子
( ´∀`)ケラケラ

このコーナーのあちこちに
質問の紙が貼ってあって、
正解の下に書いてある文字を繋げると
文章が出来上がる。

ある質問の場所に行って、
Rちゃんは、大笑いしながら
「おばあちゃん 早く来て!」と呼んでいた。

行ってみたら・・
この質問

DSC_0230.jpg

こんな質問に笑い転げるほど
子どもらしい 孫たちが、
本当に愛おしく思った。

その後は、外に出て
アルパカにエサをやった。

48585bc6-s.jpg

少し寒い日だったけれど、
楽しく遊んだ 冬の日

春になったら また来ようね。と約束しながら
春になったのに まだ行けてない。
(o´д`o)=3



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



お弁当の話

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

もう。お弁当を作らなくなってから
何十年も経つ。

illustrain01-obentou02.png

3人の息子たちが 中学高校時代は、
毎朝 3個 作っていた。

みんな 運動部に入っていたので
相当大きな お弁当箱が 必要だった。

ご飯の入れ物と、おかず入れが別で
おかずは、12種類入れていた。

今でも、
「あの頃のお弁当は、ボリュームあったよね」
懐かしんでくれているようだ。

このような力の入ったお弁当を作るのには、
嬉しい思い出があったからだと思う。

小学校は、給食で
運動会 遠足だけ お弁当

illustrain01-obentou02.png

運動会から帰ってきた末息子
「今日のお弁当美味しかったよ」

これって 嬉しい言葉ですね。
(*^ー゚)v ブイ♪

夕食の準備で、キッチンに居る所まで
押し掛けてきて
「今日のお弁当美味しかったよ」
また言いました。

その後 
「しつこいようだけど、今日のお弁当美味しかったよ」

illustrain01-obentou02.png

今、毎日お弁当を作ってるYさんに
この話をしたら、
末息子に 「そうだったんだってね。」と
話したそうだ。

末息子は「可愛い~~」と言った(笑)
過去の自分に・・

その翌日 末息子は、Yさんに
「今日のお弁当美味しかったよ」と言ったそう・・

そう言って欲しくて言ったんじゃないのに・・
Yさんは、いたく恐縮したそうです(^^ゞ

末息子は、
まだ自分が可愛いと思っているんだろうか
(^m^ )クスッ




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



あの日の続きを・・・

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

怪我をする前日
「不思議な空間」へ行った事を書いたが
本来の目的地へ向かった。

ここで、その先の事が
途切れてしまった。

少し時間を戻そう。
目的地は、
「ストックバスターズ」と言う場所だった。

slide06.jpg

ハウスウェア、キッチンウェアを生産する
燕市の地元工場直結型の
アウトレットショップです。

slide03.jpg

工場で発生したちょっと傷物、カラーが揃わない商品などが
50%~90%OFFで売られている。

slide02.jpg

廃棄処分したり、在庫を抱えたりするなら
お客様に格安で提供しようと言うお店である。

店内には、その辺のホームセンターの
何倍もの 製品が 並んでいる。

slide01.jpg

もちろん すべて新品

ここで、
壊れかけて 買おうと思っていた
キッチンバサミ マッシャーを買った。

DSCF6867.jpg

怪我して 記憶が飛んだのか
(。・ε・`。) ぷ。
正確な値段は、忘れたが
両方とも 50円位だったと思う。

もしかして・・20円だったかも

それほど、安かったと言う事

得した気分だったのに
翌日からの医療費で、
得した気分が吹っ飛んだ(>_<)

ここへ行った事と
怪我したことは、
何の因果関係も無いけれど。
(●´艸`)フ゛ハッ



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



遠い昔のクリスマス

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

子どもの頃 
それほど大きくないが、
自宅にツリーが飾られてた。

ツリー

当時、自宅にツリーがあるのは、
珍しかったと思う。

知人のお姉さんや お兄さんが 手伝ってくれて 
嬉しくてたまらない クリスマスの頃だった。

サンタクロースからプレゼントも貰った。
purezennto-illust7.png
中はなんだったのか 忘れてしまった(>_<)

そんな子供時代だったが
一番思い出深いのは、
学生の頃のクリスマス

ヒイラギ

当時 東京に住んでいたが、
この年は 雪が降り ホワイトクリスマスになった。

子どもの頃から、雪には慣れていたが
別世界での雪は新鮮だった。

沖縄の人や 九州の人は、
始めて見る雪に大はしゃぎ

みんなで 小さな坂道を見つけては、
ビニールシートやムシロを使って
ソリ遊びをした。

五線譜

キリスト教主義の学校だったので、
クリスマスイヴには、近隣のお家に
キャロリングをして回った。

五線譜

終わるとお家の中から
「メリークリスマス!」と声をかけて下さり
なんか・・外国にいるような気がした。

クラッシック音楽に嵌ってる時だったので
大きなホールに クリスマスソングを聴きに行った。



今でも、この曲を聴くと鳥肌が立つのは、なぜだろう。

ヒイラギ

遠い遠い 昔のお話

あの頃に比べると すっかり 
おばさんになってしまったような気がしている。

本当に、おばさ・・ん・・おばあさんだけど
(´-ω-`;)ゞポリポリ




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



恐怖の時から12年

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

まだ、晩秋とも言えないのに、
落ち葉がカサコソ舞って、初冬のような
街の風景の今日でした。

枯葉

最近 全国で地震が起こっている。

地震1

新潟に住んでから
新潟地震 中越地震と 
2度の大きな地震を経験した。

新潟地震から、52年が経って
記憶も薄れているが
中越地震から、今日で12年

まだ、あの恐怖は、くっきりとした
記憶に 残っている。
w(゜o゜*)w

どこかで、地震が起こるたびに
被災地の皆様の恐怖が 身をもって
感じられる。

震源地から、60㌔程離れていたが
激しい揺れだった。
w(゜o゜*)w

妙見の土砂崩落現場 から
4日 ぶりに岩と土砂の中から
奇跡的に救出された皆川優太ちゃん(当時2才)の
救出劇は、多くの人々の記憶に残っているでしょう。

現在は、メモリアルパークが出来て

メモリアルパーク

崩れ落ちた土砂の上には 緑が生え揃っている。

この国道は、独身時代
勤務先から 休日 実家へ帰る時に
いつも通っていた 風光明媚な場所であった。

あの時 優太ちゃんの生存を突き止めた
警視庁の警備犬「レスター号」は
昨年12月に 天国に旅立った。
警備犬としては異例の告別式が執り行われたそうです。

当時 小学校4年で、この活躍を見て
「警察犬指導士」になった女性の報道を見た。

アンナ号
読売新聞より頂きました。
画像をクリックすると記事が出ます。

地震の記憶は、恐怖だが
心温まる報道に 喜びが湧いた
(*^ー゚)v ブイ♪

彼女が訓練する警備犬「アンナ号」が
今後、災害の為に出動する事のないように
願わずにはいられない。

゚+。(o・ω-人)・.。*




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



パパ ママ お父さん お母さん

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

親を呼ぶとき
パパ ママが主流になっている現代です。

お父さんお母さん

みなさまのお家では、何と呼ばせていられるのかな?

おばさんが幼い頃
母の事は「お母ちゃん」と呼んでいました。

小学校2年生で 母が再婚し
父の事は「お父さん」母の事は相変わらず「お母ちゃん」
(ー`´ー)うーん

子ども心に 「お父さん お母ちゃん」では、
親しみが違うと思ったのでしょう。

姉と相談して 「お母さん」と呼ぶことにしました。

姉はすぐに「お母さん」と呼ぶようになりましたが
おばさんは、何となく 恥ずかしい。
フゥ(o´Å`)=з

いつの間にか 
「お母さん」と呼ぶようになっていましたが、
最初の頃は、多分 小さな声で呼んでいたと思います。
( 'ノω')コッソリ

おばさん家では、息子たちに
「お父さん お母さん」と教えていました。

長男が小さい頃 おばさんは仕事へ行くとき
あるお家に 預けていました。

そのお家の方は、
ご自分を「お母さん」おばさんを「ママ」と
区別されていました。

3歳で 夫の転勤で そのお家とお別れしてから
いつの間にか おばさんは「お母さん」

それ以後、今に至るまで
「お父さん お母さん」です。

真ん中息子と末息子は、
他所のお家に預けなかったので
最初から「お父さん お母さん」です。

息子たちは、今 人の前では
「母さん」と呼びますが
面と向かっては「お母さん」です。

Rちゃんが小さい頃
真ん中息子が、「お母さん」と呼んだら
「・・・おばあちゃんなのに・・」

ヾ(@^▽^@)ノわはは

色とりどりのコスモス

コスモス

濁りない真っ白なコスモスは、
「優美・美麗・純潔」




最後の文字2




過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



打ったり、転がしたり

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

(まだ、旅行中で、予約投稿です。)

アウトドアー派のおばさんは、
スキーと並行して
雪のない時期は ゴルフを楽しんでいた。

ゴルフ2

これは、夫に誘われて 始めた。
一緒に 道具を買いに行って
近くの ゴルフ練習場のレッスンに通い始めた。

ゴルフ4

コースへは、毎月4,5回は行っていた。

ほとんど 夫の会社の取引先の方と
行っていたので、お金はかからなかった。
自前では、こんなに行けなかったと思うので
夫に感謝である。
o(*'▽'*)/☆゜'・:*☆ありがと☆

練習場へも良く通ったし
お友達と 河川敷のショートコースへも
時間を作っては、出かけていた。

夫に「お金かけてるのに ヘタだなぁ」
嫌味を言われても、めげなかった。
∩(*・∀・*)∩ファイト♪

スコアは、100を切る壁が厚かった。

冬の日 途中でミゾレが降って来て
グリーンでボールが雪だるまになったり
グリーン脇でタヌキの親子に 眺められたり
カラスに球を持ち去られたり
様々 面白い事もあった。

ゴルフ1

いつの間にか、
夫は、スポーツクラブへ通い
おばさんは、ヨガを始め 
一緒に行くことが少なくなった。

今では、一年に2回くらいの
コースだけになった。

先日 珍しく 真ん中息子が
ゴルフ行こうよ。と誘ってきた。

今までに 真ん中息子とは
ゴルフへ行ったことがない。
初めての体験も また楽しいかも知れない。

ゴルフ3



cat2.jpg

 過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



滑ったり 転んだり

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

(今日は、旅行中の為 予約投稿です。)

山歩きと共に
スキーも楽しかった。

スキー

独身時代は、スキー仲間が居て
泊りがけで、野沢温泉へも行った。

野沢温泉

頂上へ登ると マイナスの世界
鼻の中もまつ毛も バリバリと凍った。

スキーが終わって、冷えた体に
温泉の温かさが 極楽のよう
(極楽へ行ったことないので想像)

蔵王では、樹氷の中

蔵王

キラキラ光る 斜面を滑った。
滑ると言うよりも 転がって落ちていった。
(o´_`o)ハァ・・・

ゲレンデは、凍りついて
おばさんの腕では、無理
(腕ではなく足)

結婚してからは、
足が遠のいていた。

子どもが小学生の頃
お友達に誘われて スキーを始めた。

それがきっかけになって、
夫もスキーを始めた。
そして、夫が嵌まった。
(*^-^*) ニッコリ☆

スキー

毎週日曜日は スキー
祝日もスキーに明け暮れた。

この頃は、スキー場で新年を迎えていた。

最近は、スキー熱に陰りが見え始めたが
当時は スキー人口も多く
大晦日からお正月の泊まりの予約は
夏過ぎにしないと 取れなかった。

大晦日のひんやりとしたゲレンデで
ナイターを楽しむ

リフトの待ち時間30分
滑り降りるのに3分
そんな事もあった。

子どものスキー仲間のお母さんと
二人で 平日も短い時間 スキーへ出かけた。

スキー

知人にスキーの上手な方がいて
無料のスキーインストラクターを
務めてもらっていた。

知人の後ろを滑っていても
滑り方を指摘された。
見ていなくても
板のエッジが雪を削る音で
滑り方が分かると
(´ヘ`;)とほほ・・

お蔭で、かなりの急斜面も滑れるようになった。
頂上から見る景色は、墨絵のようで
美しかった。

池の平スキー場だったと思うが
スキー教室の生徒さんが
並んでる前で、派手に転んだ。
(´-ω-`;)ゞポリポリ

どこが悪かったのか
無料で 悪いお手本になってあげたのだと
思う事にした
(o´ω`o)ぅふふ

子どもが大きくなって、
一緒に行かなくなり
夫もおばさんも足が遠のいた。

最後にスキーをしたのは、
いつだったか 忘れてしまった。

もうスキーをすることは無いと思うが
その頃着ていたスキーウエアが
断捨離されずに 大切に取ってある。

これも 若い頃の思い出である。

スキー



cat2.jpg

 過去の記事は
こちらから読めます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



 | HOME |  »

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (173)
入院~入院生活 (49)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (10)
健康になる為に (70)
体の事 (13)
食の事 (35)
運動 (2)
愚痴 (6)
ちょっと一息 (22)
心の事 (14)
怖い話 (6)
毎日の事 (82)
息子の事 (38)
家族の事 (16)
過去の事 (50)
花 (7)
植物 (4)
孫の事 (12)
ある日の事 (55)
今日の事 (65)
お友達の事 (2)
昨日の事 (10)
最近の事 (29)
今日 昨日の事 (4)


フリーエリア


温むすびhttp://www.onmusubi.jp/
FC2 ランキング


リンク



ブロとも一覧



ハッピーな療養生活のススメ


最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR