夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2018/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

幻のお店

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

天ぷらが、いつから好きな食べ物になったのか 
定かではないですが、
記憶にある限り好きだったようです。

忘れてしまいそうな頃の事

新潟には、多分 1軒だけしか無いと思える
天ぷらの専門店があった。

古い建物で、入口も中も
和を感じる味のあるお店だった。

トイレは、和式 畳み敷き
これには、少し 引いたが・・(^^ゞ

古い古い自宅を改装したのでしょう。

お客様を接待するには
高級感があり
(お値段も高級であったと思う)
夫は、ここが気に入ってたので
良く連れて行ってもらった。

ご主人も おかみさんも
気さくな方で、
特に おかみさんは 思った事を
ズバズバいう方であった。
それが、お客さんには、人気が有るようだった。

車座に置いてある 座卓の真ん中で
ご主人が、作務衣を着て 
その日に仕入れて来られた食材を 
一品づつ 丁寧に揚げて 出してくださった。
一通り出し終わると、希望に沿って追加してくださった。

大葉に包んだ梅干し アイスクリームも
揚げて下さり、忘れられない味

個室の掘りごたつの真ん中には
電動式にせり上がってくる天ぷら鍋があり
これをする時の、ご主人は、ドヤ顔であった(笑)

息子も、このお店をイメージしながら
天ぷらを揚げたのだと思った。

このお店が無くなったのは
突然で、衝撃的な出来事だった。

ある年のお正月 
ご夫婦で、雪山で凍死された。
事故ではなく、覚悟の上の自殺であった。
岩の陰に 二人で手を繋いで亡くなって
居たそうです。

夫は、お葬式にも招かれて参列したが
誰も、原因が分からないと・・
予約が取れない事もあり 繁盛はしていたと思う。
お子さんが居なくて、後継者の問題かとも
言われたが、まだ そんな年齢でも無かった。

一説によると ご主人がガンを患って
それを嘆いて お二人で覚悟されたのだと・・
おおよそ そのような事が 原因だと思われる

お葬式が執り行われたお寺は
このご夫婦が、親しくされていたお寺で
その前年の大晦日
ご挨拶に来られたそうですが、
そんな覚悟は、微塵も感じられず
ご住職さんは、普通の年末のご挨拶と思ったそうです。

あのお店の あの頃を知りたいと
探してみたが、どこにも その痕跡が無い。
今、どうなっているのか
そのお店が有った場所も 
あの辺だろうの記憶しか無い

私達にとっては、記憶の中にしか残らない
幻のお店になってしまった。
(´・ω・`)ショボーン




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ


スポンサーサイト

若い頃には、無かった事

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

葉書が届いた。

差出人の名前は無い。

裏には、目隠しシール。

DSC_1703.jpg

税務署からの葉書にも
目隠しシールは 貼ってあるが
差出人は、ちゃんと書いてある。

通知葉書

これは、疑う余地のない葉書。
と言うより、疑いありあり 葉書。

目隠しシールを剥がしてみれば、

DSC_1706.jpg

消印は、〇福北 どこだろう

DSC_1702.jpg

裁判所から来る訴訟の通達なら「特別送達」で
届くでしょう。

大切な通知なら、
内容証明にするとか 書留にするとか
無造作に 郵便受けに投げ込まれる事はない。

引っ掛けようと思ったら
もう少し ましな 
疑われない方法にしないと・・(^^ゞ

それでも、世の中には、
こんな文章でも
慌てふためいて、電話する人もいるんですね。

「民事訴訟」「裁判」「差し押さえ」「最終通告」
驚きますからね。

「民事訴訟管理センター」
民事訴訟を管理するセンターって
なんだ(^^ゞ

一応、ネット検索したら
同じ文章の注意喚起の情報が
出ていた。

n-20170501_1_2.gif


こんな詐欺に引っかかる人は
高齢者が多いので、ネットは使わないのか(^^ゞ

この葉書どうしよう
市民課消費生活相談窓口に届けようか

シュレッダーにかけて
破棄で良いかな。

みなさんも決して 
こんな葉書を信じない様に




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



たまには、昔の歌も思い出す

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

その場面を思い出すと
耳の奥に聞こえてくるBGMがある。

その反対に、その音楽を聴くと
思い出す場面もある。

そろそろ、桜の季節だが、
桜の咲く公園は、ボンボリと共に

伊東ゆかり 「小指の思い出」


桜とは、まったく 関係の無い歌なのに
その公園のスピーカーから流れていた。

こんなおかしな歌 (^^ゞ

私と同じ年代の方は
聞き覚えが有ると思いますが。

ザ・フォーク・クルセダーズ
「帰ってきたヨッパライ」1967年


ザ・ダーツ
「ケメ子の歌」」、1968年


その頃、東京に居た私は、
赤羽だか 恵比寿だか 新橋だか 不明だが、
飲み屋街の イメージがする。

飲んだくれて 居た訳ではないのに・・(^^ゞ

この近くに住んで居たのでもないのに・・(^^ゞ

どこと言う イメージが湧いて来ないが
同じ頃、懐かしく思う歌が2曲ある。

荒木一郎
「空に星があるように」1966年


「シンガーソングライター」の代表格は、「ユーミン」?
この人が 最初ではないのかな。

寂しい事が有った訳でもないのに、
柔らかい歌い方 心に沁みる歌詞です。

浅丘ルリ子
「愛の化石」1970年


この歌は、なぜか レコードも持っている

DSC_1701.jpg


スキー場でも、元気一杯の音楽が鳴っていたが
何の曲だったのか
どうしても 思い出すことが出来ない。

スキー場での思い出は多いのに
なんてこった・・
(´‐ω‐)=з フー

みなさんにも、きっと思い出の歌が有るのでしょう。
(人´∀`).☆.。.:*・




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



春が近いと思いだす スキーの事

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

数日前の 良いお天気の日
庭の、少しだけ残ってる雪の中に春の兆し
「スノードロップ」が 花を咲かせた。

DSCF2187.jpg

平地では、春だけど
スキー場は、まだ 雪深いのでしょう。 

以前は、この時期になると
焦るような気持ちで スキーへ行っていた。

振り返ってみると
スキーでの思い出は、たくさんある。

以前に書いた
「スキー場での出来事」
A君のお母さんとは
二人で良くスキーへ行った。

みんなが出かけると
家事もそこそこ 出かけた。
午後に帰って来て、素知らぬ顔で
夕食の準備をしたっけ(^^ゞ

濡れたスキー板やスキーウェアは
見えない所に干した
(●´艸`)フ゛ハッ

ある日の事
彼女が派手に転んだ
そして、首が痛いと・・(>_<)

むち打ち症か(--〆)

通りかかった人が
救助隊を呼んでくれて、
彼女は、スノーモービルで
運ばれて行った。

なぜ、そうなったか分からないが
そこに残されたのは、
彼女のスキー板とストック

長いが緩やかな林間コースだったので
彼女のスキー板とストックと
自分のストックを抱えて
救護所まで降りた。

あれは、胎内スキー場の
こんなコースだった。

photo_slopes_slopes_05.jpg


彼女は 大事に至らず 
無事に帰って来たが
私の足・・大丈夫?(笑)

林間コースでは、ストックも要らないので
大丈夫だったようです。

まだ、若かったからで、
今だったら、翌日は 筋肉痛で
歩けなかったかも・・
(*´Д`)=3ハァ・・・




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



免停になったスピード違反の事

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

その日は、石川県の小松空港へ
夫を迎えに行く事になって
高速に乗って、30分あまり。

4時間は、かかるので
まだ 8分の1

その辺は、覆面パトカーが
出没する事で 有名な付近(^^ゞ

追い越し車線を走ってると
後ろに 1台の車

「追い越したいんだ」
今なら、あおり運転を疑うのでしょうけど
その頃は、そんな危機感は無かった。

ちゃんと避けてあげましたよ。

けど、追い越さないで
一緒に 走行車線に戻って来る

同じスピードで走っていれば
そう言う事もあります。

また、前の車に追いついたので
追い越し車線へ

またしても、付いて来る

同じ スピードなら
そう言う事も・・(^^ゞ

普通なら、その辺で気付いても良いのに(^^ゞ
私らしくなく(^^ゞ
かなり ボーっとしていたのでしょう。

以前は、覆面パトカーは、黒のクラウン
ナンバーも8 決まっていましたが
最近は、多種多様
誤魔化しが上手くなってます(^^ゞ

この時は、もちろん 黒いクラウンだと思いますが
そこまで確認はしていません。

まだ、先が長いなぁ
前ばかり見て、後ろは、気にしていなかった

3回目の追い越しをして、
走行車線に戻ったら
「ウィ~~ン」

あらら・・覆面だったの

そこで、初めて事態が把握出来た
私でした。

27㌔オーバー 
高速にしたら、それほどのスピードじゃない

・・でも、無いですか(^^ゞ

素直に認めて これで免停


小松に着いてから
時間が有ったので、
 
難関突破の霊神
安宅住吉神社に寄って厄払い
お守りを買いました。

CFBF5554C5A04C6AA8600560C741A0CE_LL.jpg


遅いって(^^ゞ

歌舞伎 十八番の一つ「勧進帳」の物語で
有名な 安宅の関にも寄って、

「勧進帳」
ご存知ない方は、こちらを

心も少し 晴れました。

当時は、ブログをやってなかったので
写真も写してなかったので
頂いた写真を

義経、弁慶、富樫の像

1_20180224185944240.jpg


20数年前の事
長い人生 そう言う事もあるさ
ニャハハ (*^▽^*)




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



そんな事で 言いがかり付けないでよ!

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

また・・雪の朝

DSC_1624.jpg


夕方になったら、綺麗な青空
飛行機雲

DSC_1625.jpg


こうして、1日づつ春が近づいて来る。
v(*'-^*)ゞ・'゚☆ブイ

免許を取ってから 47年

その間に 
相手のある事故が1回

この時は、私は何も悪くない

交差点で一時停止無視の車が
突っ込んで来た。
illustrain02-jiko01.png
けど・・言いがかりを付けられた(>_<)

夫の車に乗っていたので
会社名義の車

だから、悪いって
(●´・△・`)はぁ~ ?

そんな事で、文句言われたら
どうすりゃいいのよ
(∥ ̄■ ̄∥)

お互いに怪我も無く
車がかなり壊れただけで
保険で修理して終わった。

もう25年くらい前の話

それから、
自損事故 1回
スピード違反免停 1回
違反切符切られたの1回

まぁまぁ 優良かな(笑)

何事も経験するのも悪くない
( ̄ー ̄)ニヤリッ




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



あれから、47年が経った

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

車の免許を取ってからかなりの時が経つ

1970年
免許センターで合格した日

三島由紀夫が割腹自殺した年の事だから
強烈な記憶がある。

今は、免許を持ってる事が
普通になっているが、
当時は、免許を取る女性は少なかった。

それまでは、免許を取る事に
関心が有った訳でも無かったし、
職場の近くに住んで居たから
車が必要でもなかった。

免許を取る事になったきっかけは
些細な事だった。

私の職場の前には、高校があって
自動車学校の送迎車が、毎日来ていた。

その送迎車の運転手さんは、
毎日 車を降りて ブラブラと
授業が終わるのを待っていた。

ある立ち話の時 その運転手さんが
「車の免許取らない?」と言って来た。

自動車学校の営業か?

即座に「取っても良いよ」と返事をした。

なぜ そんな返事をしたかと言えば

その運転手さんは、
高校生の頃、付き合っていた彼と
少し 似ていたから(^^ゞ

少し・・不純な動機だ(^^ゞ

これが、船舶の免許なら取らなかったと思う(笑)

自動車学校に通い始めてから
私って・・結構運転が好きなんだ。

そう思い始めた。

あれから、47年になるのでしょう。

今でも、車を運転する事は
好きと言う訳でもないが 苦にならない。

この年月の間には
息子達が 東京に居る時には
何回も往復した。

長男は、諏訪に居たので
そこへも、行ったっけ

夫の実家である能登へは
数知れず。

さすがに、近年 末息子が居た広島へは
車で行く勇気は無かったけど(^^ゞ

今年は、免許書き換えの年だ。
まだ、返納する気持ちは無い。

数か月の間に、違反が見つからなければ
(見つからなければ・・)(笑)
ゴールドだから、後5年は乗れるなぁ

高齢者の事故が増えているので
アクセルとブレーキは踏み間違えない様に
気合を入れて、運転しなければ
ならないと思って居る 昨今です。






最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



結婚の条件

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

真ん中息子が、高校生の頃
地元では 名前が知れている会社の
お嬢さんのお友だちが居た。

当時 息子には、彼女と言える女の子が居たので
お付き合いをしていた訳ではなく
同じ高校の部活の仲間と言う関係であったと思う。

卒業後 東京へ行ってからも
この彼女の話は聞いていたので
当時もまだお付き合いがあったのだと思う。

息子達の彼女やお友だちとは、
オープンな関係であったので、
良く一緒に食事へ行く事もあり、
私がご馳走をしていたが、
彼女たちは、100円未満の端数を
出すと言う ルールがあった。

しかし、
この彼女とは、一度も会ったことが無い。

それでも、
母親と海外旅行へ行った話や
着物を買った話をしていると聞いていた。
お嬢様なのだ。

それらの話の中の一つに
「恋愛と結婚は別だ」と言っていると
聞いていた。

いつの間にか 彼女の話もしなくなって
息子は、M子さんと結婚した。

最近 ふと思い出して
その彼女は、どうしたのかと聞いた。

テレビコマーシャルも流している
地元のかなり大きな総合建築業の
息子さんと結婚したのだと言う。

その方と恋愛して結婚したのか
条件だけで結婚したのか 分かりません。

親に躾けられた考えだったのか
自分の意思なのか 
本人から聞いたのではないので
それも 分かりませんが、

「生活レベルを落とさない」
それが、彼女の結婚の条件だったのでしょう。

愛があれば、お金は無くても
そんな考え方もあり、
愛だけでは、食べていけない
そんな考え方もあり、
正解は、無いのですが

その会社のコマーシャルを見る度に
「結婚の条件」を考えながら
若奥様になった彼女の事を思います。

valentinei06-001_201802181843169a1.gif






最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



今晩も冷えてきた(>_<)

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

昨日は、消雪パイプのお蔭で
雪かきをしない話を書いたが
それは、近年の事で、
ずっと 楽をして来たのではないです。

以前の写真を見ていたら、

若き頃の息子の写真もう一枚の
2009年に続いて
0000242M.jpg

2011年も2012年も
雪が多かったのですね(>_<)

DSCF1598.jpg

庭に ソフトクリームが出来ていた
ヾ(´▽`*;)ゝ"
2011年の1月

翌年は、ソフトクリームが無くなりそう
(≧∇≦)キャー♪

雪1
2012年の2月

夕方の5時頃 末息子が
帰宅時は、こんな状況でした。

雪の駐車場

玄関前の除雪も出来てない。
どうやって家に入ったのでしょう(笑)

と言うより
私は、どのようにして 
家から出たのでしょうか(笑)

別の出入り口から 出たのだと
思うより他にありませんが、
自宅前の雪かきもしないで・・
(´-ω-`;)ゞポリポリ

当時は、道路だけ消雪ホースを伸ばして
消雪していましたが、
駐車場の雪かきが お疲れのピークに達して
ここにも、消雪パイプの設置をして貰いました。

楽し始めてから、5年くらい経ちますが、
その間は、雪はあまり多く無かったようです。

雪国の必需品

DSCF1522.jpg

スノーダンプと言いますが
お隣のお兄ちゃんが、
これを使って、雪かきをしています。

DSCF1578.jpg

これも、2011年の事です。

今日は、日も差すが
気温は低い

そろそろ、終わってくれると良いですが、
一年で 一番寒いのは2月なので
まだなのか
ハァ━(-д-;)━ァ...




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



今日は 何の日?

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

1月20日 「玉の輿の日」

玉の輿に乗れる手相は
どんなの?
179-free-icon.png


と・・・言う話ではなくて・・
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

今日は、忘れもしない あの日

そう、転んで骨折した
一周年の記念日

みなさんは、行方不明になったと言われるが
私は、どこへも行ってない。
(o-´ω`-)ウムウム

ブログから、居なくなっただけなのだが、
やはり・・行方不明か(笑)
( ̄ー ̄;)ニ、ニヤリ

一年も経ったが
あの日の恐怖が トラウマとなって
凍って無くても 足元が気になってしまう。

普段は、忘れて 
手は普通に使っているし
重い物も持てる。

傷も薄れて来たが、
内側の手首付近を触ると
ピリピリと神経に触るが
触らなければ、忘れている
ヾ(´▽`*;)ゝ"

先週の大雪で
少し 雪かきをした後
右手首 外側が重い
(ノД`)ハァ

違和感が有った時だけ
そうだ・・
骨折したんだと思い出す。

不自由ではあったが、
結構楽しい入院生活だったと
懐かしく思い出す事もある。

入院していた病院は
この前初詣の帰りに通った
みなとトンネルの脇に立っている

臨港病院1

これは、海側の入口で
このトンネルの向こうに
見える建物が病院だ。

臨港病院



街側の入口だが
こちらは、入口と出口が離れている。

ちょうど 看板の陰に隠れて
居るが、
私が居た5階の病室からは、
街側の出口が真下に見えていた。


前に書いた通り この辺の道は
複雑なので、このトンネルに入るには
どこの道から来るのだろう
(ー`´ー)うーん

好奇心旺盛な私は、
入院中 気になって、
退屈な時は、窓から眺めては、
地図を想像しながら 
出入りする車を眺めていた。

もちろん 
退院して車に乗れるようになってから
通院の帰りに、想像した通りの道なのか
確かめに行ったのは、間違いない事実です。
( *´艸`)クスッ♪




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



 | HOME |  »

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (222)
入院~入院生活 (50)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (11)
健康になる為に (101)
体の事 (16)
食の事 (63)
運動 (2)
愚痴 (8)
ちょっと一息 (23)
心の事 (15)
怖い話 (6)
毎日の事 (84)
息子の事 (42)
家族の事 (20)
過去の事 (70)
花 (7)
植物 (4)
孫の事 (19)
ある日の事 (67)
今日の事 (170)
お友達の事 (4)
昨日の事 (52)
最近の事 (74)
今日 昨日の事 (10)
仕事の事 (9)
地元ネタ (11)
家の事 (9)


フリーエリア


温むすびhttp://www.onmusubi.jp/
FC2 ランキング


リンク



ブロとも一覧



最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR