夢は叶えるもの 奇跡は起こすもの

夢は、ラッキーな誰かに神様が与えてくださるものではなく、自分自身が描いて、叶えるもの。.と信じて  毎日の出来事、家族の事を  綴っていきます。そこには、「愛」がある。
2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

はじめに


生れつき 健康なDNAを貰ったのか、
今までの 生き方が良かったのか

病気らしい病気もしたことなく
人生の曲がり角も 気楽に乗り越えて、
健康的に 過ごして来たと思っていましたが、

2012年5月 卵巣膿瘍の手術をしました。
4回の術後腸閉塞で入院
2014年9月 最後の入院から10カ月
飲んでいた薬も卒業 元気になりました。

病気から学んだ健康の大切さ
過去も環境も能力も運勢も関係なく、気にせず、
すべてを乗り越える これからの人生 

元気良く、感謝ある生活を送っていきたいと
毎日の小さな出来事を綴っていきます。

願いは、ぜったい叶うもの!
すべては自分が作り出す。そう、運さえも。

カテゴリーの変更しましたが
今までの記事は そのまま残しました。

       追記

主な登場人物の紹介

クリップ
クリップ 長男
クリップ 真ん中息子
クリップ M子さん(真ん中息子のお嫁さん)
クリップ Rちゃん(女の子 孫)
クリップ Kちゃん(男の子 孫)
クリップ 末息子
クリップ Yさん (末息子のお嫁さん)


クリップ 親友  Sさん
クリップ お友達 Iさん

cat2.jpg
過去の記事は
こちらから読めます
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ


スポンサーサイト

強烈な出来事の記憶

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

先日 叔父さんと話をしていて
久しぶりに
強烈な記憶がよみがえった。

叔父さんのお姉さん
私の叔母さんになる。

母の実家に住んで居た小学校1年生の夏の日
この叔母さんが亡くなった。
まだ20代半ばの年齢だった。

子どもの頃から体が弱く
喘息と心臓に持病があったそうです。

この日 喘息の発作が出て
母が 内科の主治医を呼びに行った。
この医院までの正確な距離は 分からないが
今 思うと2㌔程あったと想像される。

みんなが車にも乗らない時代
母は 走って 先生を呼びに行った。

先生は、なかなか来てくれなかった(>_<)
その間に 叔母さんは亡くなってしまった。

庭に居た私は
おばあちゃん(叔母さんの母親)の
「〇〇子 しっかり・・」と呼ぶ声を
聞いたように記憶している。

母は、再度走って先生を呼びに行ったが
先生の奥さんに
「死んでしまったもの 仕方ないでしょう」と
言われたそう・・・(--〆)

これは、その時聞いたのか その後に母から
聞いたことなのか 分からない。

今の時代であったなら、裁判にでもなりそうな
発言であるが、
その時代は、お医者さんと言えば
先生様 先生様と崇め立てられるような
立場であった。

その医院の名前も 場所も門構えも 
はっきりと 覚えて居る。
奥さんの顔も おぼろげながら記憶にある。

自分が診察を受けたのか
家族に付いて行ったのか
そこまでは、不明であるが。

現代のように 救急車を呼べる時代だったら
亡くさなくても良い命であったと思うと残念だ。

お葬式は、今のように葬儀場ではなく
自宅で執り行われた。

氷でひんやりした部屋に
ユリの花の香りがいっぱいだった。

今でも、ユリの花の香りがすると
この時の事を 鮮明に思い出す。

人の死も良く分からない
子ども心であったが、
強烈な出来事として記憶に残っている。



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



住み慣れた我が家が一番

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

叔父さんの家に行く朝は、
孫たちは、スカイツリーへ行くと別行動。

お天気は、良好 新橋駅まで歩こう

勝どき橋の脇に出て、築地市場の門
日曜日なので、休市 静まり返っていた。

東京と言えば、雑踏のイメージがあるが
静かで、緑が多く、公園もあり
手入れが行き届いて見えた。

息子は、東京に住みたいと言った。

私は・・・

「花かいどう」が咲き

DSCF6952.jpg


「つる日日草」が咲いて

DSCF6957.jpg


ツヤツヤした「ミニバラ」の新芽が光り

DSC_0448.jpg

「花ニラ」が静かに咲き

DSC_0446.jpg

「イチゴ」の花の咲く

DSC_0454.jpg


手入れは、行き届かないが、
庭のある、住み慣れた
新潟の我が家が一番良いと言った。



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



すしざんまい

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

東京に着いて、
夕食の時間になった。

みんなの意見が お寿司

ここは、今話題の築地
築地らしく、右を見ても 左を見ても
寿司 寿司 寿司
お寿司屋さんばかり・・

マグロで有名になった「すしざんまい」へ行こう
もちろん、回らない。

この周辺には、10店舗くらいあるが、
「すしざんまい 奥の院」

息子は、仕事でこの周辺には、週2回は来ているので
子どもが居ても ゆっくり食べられるお座敷のあるお店を
選んで 連れて行ってくれた。

shop-13A015-left02.jpg

マグロで有名であっても
私は、脂ののったお魚は、あまり好みではない
春の優しい味のお寿司を食べた。

DSC_0429.jpg

小皿のお醤油は、Rちゃんが入れて回った。
女の子らしく、家庭的な孫だ(*^。^*)

ちょっぴりしか入ってないけど(^^ゞ


ホテルに戻ったら
孫たちが 部屋からスカイツリーが見えるから
見に来て~。と 興奮気味に 騒いだ。

この夜、孫たちは、10時過ぎまで寝なかったとか・・(^^ゞ

私は、疲れて、「報道ステーション」が、
途中から記憶に無くなった。
ニャハハ (*^▽^*)

ちゃんとテレビは消したから
ご心配なく(笑)



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



東京の夜は、センチメンタル

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

時間が逆回転してるようだが
横浜へ向かって出発の午後

車は、息子家のマンションの隣の駐車場に止めた。
駅に続く 通路を歩いていると
どこか 上の方から
「おばあちゃ~ん!」呼ぶ声が聞こえた。
通路の階段の上から、孫たちが手を振っていた。

二人とも リュックサックを背負っている。
旅行そのものの姿

新幹線の中で食べるおやつをコンビニで買って
大はしゃぎで 乗り込んだ。

車内で時折 大きな声でしゃべって、
息子とM子さんに叱られていた(^^ゞ
嬉しくて、楽しくて 抑えられない気持ちだったのでしょう。
あまり大人しくしてるのも、子どもらしくないが、
公共施設では、静かにしている学習の時だった。

3人席に 息子一家4人が座って
私は、通路を挟んだ側だったので
「あれは、私の孫ではない」と
他人の振りが出来た。
ヾ(@^▽^@)ノわはは

雨の予報ではなかったのに
東京駅に着いた時には、雨が降っていて
タクシーに乗って、ホテルへ。

息子が取ってくれたホテルは、
隅田川のほとりに立つ 景色の良い場所にあった。
33階 見晴らしが良い。

上を見れば
吹き抜けの天井が・・

DSC_0439.jpg

暗くなって、外は、いかにも東京らしい
夜景が見えた。

DSC_0432.jpg

ここ数年は、広島方面へ行く事が多かったので
3年ぶりの東京の夜。

東京に懐かしさを感じるのは
3年ぶりだからではなく、
子どもの頃に過ごした、郷愁なのでしょう。
ヽ(  ̄д ̄;)ノ シューン




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



数十年の歳月が巻戻り

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

叔父さんは、顔の色つやも良く、
髪も白髪ではあったが、フサフサで
思ったより、お元気で 安心した。

一昨年 肺がんを患って
手術 抗がん剤治療中とは思えなかった。

歩くと息切れがすると言われてましたが、
電車に乗って、1時間かかって通院もされてました。

耳が少し遠かったが
子どもの頃 一緒に過ごしたままの
叔父さんの姿に 一気に 数十年の歳月が
巻き戻されたように 懐かしく思った。

叔父さんのお家には、学生時代に
一度だけ お訪ねしたことがあったが
叔父さんも叔母さんも 覚えて居られなかった。

なぜか、私は間取りを良く記憶していて
その事を話すと、
「お訪ねくださったのね」と言われた。

10年前に 建て替えをして、
その頃の 面影のないお家になって居た。

その時出して下さった
お茶のお茶碗 お醤油差し 小皿
「これ、覚えてますか?」
私の祖母 (叔母さんにしたらお姑さん)が
昔から、使っていた物だそうで・・・

しかし、記憶にない(>_<)
子どもだったから、食器など興味が無かったのでしょう。
あるいは、お客様の食器で 
私は使ったことが無かったのかも。

同行した真ん中息子が聞きたかったのは、
曾祖父(私の祖父)の事。
祖母(私の母)の兄弟の事。
母親である私のルーツの事であった。

祖父は、海軍の大将であったが
私が産まれる前に亡くなったので、
私も、顔は写真でしか知らない。

祖父が残した、自分史の記録
貰った勲章やら、徽章が残って居て

DSC_0440.jpg

セピア色に染まった 写真を見せて頂いた。

叔父さんの記憶は、はっきりしていて
息子の知りたかった事は、
すべて解明したと言っていた。

日曜日であったので、息子さんも在宅だった。
私の従兄弟に当るが、
年齢は 我が家の長男と真ん中息子の間の年齢。
(叔父さんたちが 歳取ってから生まれたから)

従兄弟には、初めて会ったが
気さくな 明るい青年だった。

お昼ご飯に お寿司をご馳走して下さり
数時間しか時間が無かったが
楽しい時を過ごす事が出来た。

帰りは、従兄弟が駅まで車で送ってくれて
無事に 東京駅に着いた。

時間が短くて 私が聞きたかった事が
聞けなかったので、
今秋にでも、私だけもう一度
お訪ねしたいと思っている。




最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



( ´ ▽ ` )ノ タダイマァ

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

バーン |o(`・ω・´)ノ|Ю 帰ったじょー!

ただ今 帰りました。

DSC_0441.jpg

夕方に帰ったのですが、
社宅に どうしても用事が出来て、
その足で 行って来ました。

今日は、お疲れ(^^ゞ

コメントも頂いてますが
明日にお返事を!

今日は、
ヽ(*´∀`*)ノ おやすみなさ~い♪



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



これから、出かけます。

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。


「もっと後悔しないうちに。」
明日は、横浜の叔父さんに会いに行く。

数日前 まだ入院しないから来てね
電話を頂いた。

真ん中息子一家と一緒に行くので
ホテル 新幹線を予約して貰った。

叔父さん家へ行くのは
私と息子だけで、M子さんと孫たちは
スカイツリーへ行くのだとか。

まだ、何も言われて無いが
このようなメンバーで行くと
お財布はどうなるのかな(笑)

新幹線は、予約だけしてあって
改札口で、切符を買う時
「お母さん お願いね」
ホテルの精算時
「お母さん お願い」と
清算書が回って来るのだろうか(^^ゞ

夕食もあるんだった(^^ゞ

孫たちと遠くへ行くのは、初めてなので
楽しい旅になると思うが、
再来月になったら、カードの請求書が・・(>_<)

私の使ってるカードは
15日締めの翌月払いなので、
再来月の支払いになる。

旅のほとぼりが冷めた頃の請求って
とても嫌だ(>_<)

品物としては残らないが
記憶に残る物に、お金を払う事になるのだが
そう言う事もあり!(笑)

これから、出かけます。
☆ミ(o*・ω・)ノイッテキマ-ス!!

今日は、みなさまの所にご訪問出来ないですが、
明日帰って来てからの楽しみにしています。



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



思わぬ出来事

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

今朝、ゴミ捨てへ行って
近所の方に会ったので、立ち話をしていた。

そこへ、消防車のサイレン

見ると 近くから真っ黒な煙がモウモウと
(゜ロ゜)ギョェ

少し時間も有ったので
野次馬根性丸出し(>_<)

他人の不幸を見に行くなんて・・
o(TヘTo) くぅ

500㍍ほど先のお家でした。

何が原因か分かりませんが、
朝の時間だから、朝食の準備だったのでしょうか

ポンポンと何かが 破裂する音がしてました。

ご近所の方達の話によると
お隣の家のお兄さんが
窓越しに 赤いものを見つけて
「火事じゃない?」と言ったとたんに
もう、屋根まで火が上ったそうです。

そんなに燃えやすいものってなんでしょうね。

野次馬の中に
久しぶりに 息子たちのお友達の
お母さん達を見つけて、懐かしく
火事場見物が PTA総会のようになりました。
(●´艸`)フ゛ハッ

「こんな事してるうちに
 自分の家が火事にでもなったら シャレにならない」と
散会になった。

報道によると
お父さんが顔にやけどをして
お兄さんは、肘を骨折したそう
(ノД`)・゜・。

2軒とそのお隣が半焼

火災保険に入っていても
元の姿に戻る事はない。

明日は我が身と肝に銘じて
火の用心

思わぬ 朝散歩で、今日の万歩計は
少し数字が上るでしょう。



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



人への対応で悩む

welcome.jpg

今日もご訪問ありがとうございます。

時折かかってくる
勧誘の電話

時折訪問される
売り込みの営業マン
宗教のお誘いの方

仕事柄 
知らない電話に出ないということは出来ない。

せっかく訪問くださった方に
インターホン越しに断る事も
聞きもせずに電話を切る事も
私の信条ではない。

話を聞けば 本当に必要な物
求めていた物に 
出会う事もあるかも知れないが
大方は、必要としない物の事が多い。

一応話は聞く。その上で
きっぱりお断りする。情には流されない。

最近は少なくなった気がするが
ある時 お化粧品の販売の電話がかかって来た。

こちらが口を挟む空き間がないほどに
一方的に 製品の良さを宣伝してきた。

ちょうど 仕事中であったので
電話をハンズフリーにして
仕事を続けていた。

その間6分

ここで初めて「もしもし」と呼びかけられた。
私は言った。

「素晴らしい製品かも知れないけど、
 こちらの話も聞かないで 一方的に6分間も
 そちらの話をするような会社の製品は使いたくないわ。」

「あら、そんなに長く話しました?」
ガシャリ!と電話は切れた。

宗教のお誘いの方が来られた。
丁寧にお断りした。

脈ありと思われたのか
また、来られた。
再度 丁寧にお断りした。

3度目の訪問があった。
さすがの私も切れた。
「どなたでも 訪問くださった方に
 要りません!と頭ごなしにお断りする事は
 したくないので、丁寧にお断りしたでしょう。」
さっさと奥へ引っ込んだ。

玄関先で 何やら言ってから帰られた
その後、2度と訪問はない。

電話に出る前に 玄関で対応する前に
シャットアウトする方が 親切なのか

いまだに 迷ってる私です。
( ;∀;) カナシイナー



最後の文字2

過去の記事は
こちらから読めます
cat2.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ



 | HOME |  »

プロフィール


ヨンヨン

Author:ヨンヨン
日本一の米どころ 
新潟で暮らしています。

家で仕事をしながら 
お庭の花を育てながら
のんびり 過ごしています。

お料理と ネコが大好きな
何事も 気にしない!気にしない!
お気楽 おばさんです。


最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ


未分類 (173)
入院~入院生活 (49)
経緯 (5)
再発 (8)
退院後の事 (10)
健康になる為に (70)
体の事 (13)
食の事 (35)
運動 (2)
愚痴 (6)
ちょっと一息 (22)
心の事 (14)
怖い話 (6)
毎日の事 (82)
息子の事 (38)
家族の事 (16)
過去の事 (50)
花 (7)
植物 (4)
孫の事 (12)
ある日の事 (55)
今日の事 (65)
お友達の事 (2)
昨日の事 (10)
最近の事 (29)
今日 昨日の事 (4)


フリーエリア


温むすびhttp://www.onmusubi.jp/
FC2 ランキング


リンク



ブロとも一覧



ハッピーな療養生活のススメ


最新コメント



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード


QR